日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 坂口健太郎×杏の月9、新章スタート

坂口健太郎×杏『競争の番人』新章スタートでちらつく、ダイロクの「真の敵」の影

文=東海林かな(しょうじ・かな)

坂口健太郎×杏『競争の番人』新章スタートでちらつく、ダイロクの「真の敵」の影の画像
ドラマ公式サイトより

 8月1日、坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第4話が放送された。原作小説にはないドラマのオリジナルエピソードとなる新章は、またもや1話完結ではなく、2話以上に渡って続く展開になるようだが、今回は検察との関係がポイントになりそうだ。

世界的電機メーカーの下請けいじめに“加担”する下請け企業の真意

 小勝負勉(坂口健太郎)や白熊楓(杏)たち公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク」)に、世界的電機メーカーである「アレス電機」の下請けいじめを行っているとの情報提供が寄せられ、調査に乗り出すことに。資料を見た白熊は、アレス電機の役員である柴野竜平(岡田義徳)が、刑事時代、強盗殺人事件の捜査中に現場で取り逃がした男だと気づく。白熊はこの時の失態でダイロクに異動になったのだ。

 白熊は「今度こそ捕まえることができるかもしれません」と意気込むが、当然、現在は公取の人間である白熊に刑事事件の捜査権はない。それでも柴野が強盗殺人事件の容疑者として逮捕されれば地味な調査をする必要もなくなるとダイロクのメンバーに期待の色が浮かぶが、警察が捜査を中止にしただけでなく、白熊からの情報提供で独自に動き出した検察に上からストップが。どうも圧力がかかったらしい。ダイロクの主査・桃園千代子(小池栄子)は部下の審査官・六角洸介(加藤清史郎)に、検察庁の幹部である父親・六角敦夫(羽場裕一)に聞いてみてと言うのだった。

 結局ダイロクのメンバーはアレス電機の下請けいじめの調査を始める。しかし、30社ある下請け会社のどこを訪れても、明らかに下請けいじめの痕跡がある一方で、公取側には申し合わせたかのように「確認して、また連絡する」という横並びの返答。その後、揃って「調査は不要」とする返信メールが続々と届くのだった。しかし、他の会社がアレス電機との関係について言い淀んでいたなか、「丸川金属工業」の社長・丸川俊春(吉沢悠)だけはなぜか「問題はありません」と断言していた。

 ダイロクメンバーが調査結果を報告し合っていると、公取の調査に気づいた柴野が突然ダイロクを訪れる。柴野は“証拠”となる資料を携え、「確かにうちは、取引先の皆さんにはご苦労をかけています。新製品の開発のためにいろいろ手伝ってもらったり、部品の単価を下げてもらったりね。でも全部、取引先側からの提案なんです。うちからお願いしたことは一度もありません。うちは無関係なんです」と主張。さらに柴野が「あのときの刑事さんだ!」と白熊に気づき、「左遷されちゃったんですか。そりゃそうですよね、善良な市民を逮捕しそうになったんですから」と笑うと、白熊はその態度に怒りが頂点に達し、「やましいことがないならどうして警察から逃げたんですか」「答えなさい!」と取り調べのように詰問してしまう。柴野は公取に刑事事件の捜査権がないことを指摘し、悠々と立ち去る。そして後ほど正式に抗議を受け、検察からクレームが入る。

 ダイロクは検察から別の案件を押し付けられるが、それでもアレス電機への調査を続ける小勝負。下請け企業が30社も足並みを揃えた対応をするには、取りまとめ役がいるはずだと踏んだ小勝負は、少年時代、柴野と野球のチームメイトだったことに気づいたことをきっかけに、丸川が下請け企業の組合の幹事を務めていることを突き止める。「アレス電機の濫用行為に加担しているのは明らか」という理由から小勝負はほかのダイロクのメンバーの反対を押し切って丸川金属への立入検査を実施。そこで発覚したのは、他の下請け企業へのこれ以上の値下げを回避するために、丸川金属だけが大幅な値下げを受け入れるというアレス電機との密約。この事実を知った他社は、“アレス電機側の人間”と思っていた丸川が自分たちを守ろうとしていたことに謝罪し、力を合わせてアレス電機の不正を追及しようと丸川に呼びかける。丸川には、彼を思ってくれる仲間がいたのだ。

 下請け各社の証言も得ることができ、いよいよアレス電機への立入検査を行おうとするダイロクのメンバー。だが立ち入り検査の直前、柴野は下請け企業に契約打ち切りの報復に出る。アレス電機の不正追及を急ぐダイロク。しかし今度は六角検事がダイロクに姿を見せ、アレス電機への調査を中断するよう求めてきたのだった。

検察に圧力をかけた“真の敵”は?

 今回からの「新章」のテーマは、世界的大企業による「下請けいじめ」。これは第1話~第3話のウエディングカルテル問題にも出てきた事案だ。視聴者からは「ワンパターンで惹きつけるものが少ない」「2時間ドラマで良いんじゃない?」という声も上がっていた。

 しかし、桃園演じる小池栄子の”顔芸”、キャップこと主査・風見(大倉孝二)は中1の息子の野球の応援に夢中でマイペースぶりを発揮、そして小勝負のボールをキャッチできない、走り方が滑稽などの運動音痴エピソードにはクスっと笑ってしまうシーンも多く、そこは好評だった。

 今回は、ダイロクと検察が絡むシーンも多く、調査対象であるアレス電機の柴野よりも、検察こそダイロクの敵かと思うほどだ。とはいえ、現場の検事も、圧力により柴野への調査を止められたことに不満を抱えている様子だった。ダイロクの審査長・本庄聡子(寺島しのぶ)は六角敦夫検事に、「政治家ですか? それとも官僚ですか?」とどこから圧力がかかったのか尋ねていたが、六角検事も「うちも納得しているわけじゃないんだ!」と返していた。圧力の正体がわかれば、検察と裏で手を組むという展開もありえそうだが、その際はいつも影が薄く損な役回りばかりの六角がキーマンになる可能性もある。「六角親子の関係は?」「審査長は悪役のしっぽを掴みかけている?」と考察を楽しめる部分も増えてきた。ウエディングカルテル問題でも影をちらつかせていた国土交通省の事務次官・藤堂清正(小日向文世)がここにも関わってくるのだろうか。

 展開の遅さと地味な印象をぬぐえないテーマにイライラする視聴者がいるのは否めない。しかし、第3話で見せられたスッキリする結末への期待と、ダイロクメンバーのどことなく憎めないキャラクター設定との絶妙なバランスに救われている部分も多い。藤堂が今後「公正取引委員会と対立する側」として存在感を大きくする展開も控えており、強大な権力と対峙するだろうストーリーも気になるところ。ともあれ、アレス電機の下請けいじめ問題は次の第5話でケリがつくのか、それとも……。今夜の放送を楽しみに待ちたい。

■番組情報
月9ドラマ『競争の番人
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎、小日向文世、黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香、寺島しのぶ ほか
原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本:丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太
音楽:やまだ豊
主題歌:idom「GLOW」
プロデュース:野田悠介
演出:相沢秀幸、森脇智延
制作・著作:フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/index.html

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/08/08 12:00

坂口健太郎×杏『競争の番人』新章スタートでちらつく、ダイロクの「真の敵」の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

阿部サダヲ主演の社会派コメディ

 阿部サダヲ主演のコメディ映画といえば、水田...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真