日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > “恋愛トラウマ”を見せられなかったワケ

「バチェロレッテ・ミニ」でパンサー菅が“恋愛トラウマ”を見せなかったプロ意識

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

芸人が恋リアの参加者としては難しいワケ

 今回の菅さんは潤滑油のような存在だった。それは菅さんが人知れず芸人のテクニックである「裏回し」をしていたり、恋愛とは関係のないところで盛り上げていたからだ。

 しかし出来ればローズセレモニーでローズをもらい、さらに深い部分を話す菅さんを見てみたかったのも正直な気持ちだ。

 芸人という職業は、自分の深い部分を出すのは難しい。何故ならその後、人を笑わせづらくなる可能性があるからだ。それもあって菅さんは今回、そういう感じになってしまったのかもしれない。

 この番組で分かったことが2つある。それはある程度自分のイメージというものが構築されていない方がなんでもできるということ。イメージが構築されていると、そのイメージから外れたときにファンの方が好きな自分ではなくなってしまうかもしれないという恐怖がある。だから大きく道を外せないのだ。これが1つ目。

 そしてもう1つは、いまの恋愛は草食系男子でも肉食系男子でもいけないということ。今はときに草食、ときに肉食になれる雑食系男子が1番良い。

 今回最後まで残った2人を見ていると、ファーストステージとファイナルステージのキャラクターが若干変わったように思えた。まさに雑食系男子。

 とても為になった。しかし……雑食系おじさんはダメな気がする。

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

1996年お笑いコンビ「ホーム・チーム」を結成。NHK『爆笑オンエアバトル』には、ゴールドバトラーに認定された。 また、役者として『人にやさしく』(フジテレビ系)や映画『雨あがる』などに出演。2010年にコンビを解散しその後、 演劇集団「チームギンクラ」を結成。現在は舞台の脚本や番組の企画などのほか、お笑い芸人のネタ見せなども行っている。 また、企業向けセミナーで講師なども務めている。

Twitter:@@hiyama_yutaka

【劇団チーム・ギンクラ】

最終更新:2022/08/24 12:00
123

「バチェロレッテ・ミニ」でパンサー菅が“恋愛トラウマ”を見せなかったプロ意識のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真