日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 「元来のジャニーズの役目」
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

Hey! Say! JUMP『FILMUSIC!』に漂う「元来のジャニーズの役目」

文=鈴木紬(すずき・つむぎ)

Hey! Say! JUMP『FILMUSIC!』に漂う「元来のジャニーズの役目」の画像1
Hey! Say! JUMP J-Storm 公式サイトより

 デビュー15周年のアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『FILMUSIC!』が8月24日にリリースされ、Twitterでは「FILMUSIC」がトレンド入りした。

「音楽×映画」がコンセプトの同アルバムは、中島裕翔が主演を務める連続ドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)の主題歌「Fate or Destiny」のほか、多くの人気アーティストがあらゆる“映画ジャンル”をテーマに書き下ろした楽曲を収録している。

 また、Hey! Say! JUMPの公式YouTubeでは、リリース前に収録曲のミュージックビデオ(以下、MV)を続々と公開。メンバー全員が出演しているのは「Fate or Destiny」だけだが、優里の提供曲「ビターチョコレート」のMVには伊野尾慧と女優の白石聖が出演しているほか、マハラージャンが提供した「業務☆スーパーマン」のMVには知念侑李とジャニーズJr.、スキマスイッチが提供した「君がみた一等星」のMVには有岡大貴、山嵐が提供した「漢花火」には高木雄也が出演している。

 なお、20日放送の『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)でパーソナリティーを務めた伊野尾は、「本来、Hey! Say! JUMPの楽曲のMVは、全員で撮るべきだと、やっぱり思ってはいる」としながらも、俳優業が忙しいメンバーが複数いるため、スケジュール的に全員出演できるMVが「Fate or Destiny」のみになったと説明。しかし、アルバムの世界観をより表現したいとの思いから、スケジュールの取れる一部メンバーが出演するMVを複数作品作ったと明かしている。

 ネット上では、「JUMPが生みだす斬新で新しいエンタメが楽しい! 映画を観た時の感情の変化を楽曲を聴いて楽しめる」「“映画×音楽”は、多面性溢れるJUMPにぴったりのテーマ。振り幅ギャップ沼へダイブ」「楽しくて面白くて切なくてカッコいいがギュッと詰まった、JUMPにしか出せない世界観が大好き」などと好意的な声が目立つ。

 そんな9枚目となるニューアルバムが好評なHey! Say! JUMPだが、なかなかヒット曲に恵まれない状況が続いているのも事実。そのせいか、2017年から4年連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』も、21年に落選。CD売上のほうは、近年リリースしたシングルが初動20万枚前後、前アルバム『Fab! -Music speaks.-』が初動25万枚と安定はしているものの、後輩のジャニーズグループなどと比較すると“健闘している”とは言い難い……。

12

Hey! Say! JUMP『FILMUSIC!』に漂う「元来のジャニーズの役目」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

キャプテン渡辺が目を覚ます!

 空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィ...…
写真