日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > JUMP伊野尾慧、ファン通話企画が波紋!

JUMP伊野尾慧、ファン通話企画が波紋!「城島茂と会話」の悪夢再び?

JUMP伊野尾慧、ファン通話企画が波紋!「城島茂と会話」の悪夢再び?の画像1
NHKラジオ第1『らじらー! サタデー』公式サイトより

 Hey! Say! JUMP・伊野尾慧がパーソナリティーを務めるラジオ番組『らじらー! サタデー』(NHKラジオ第1)が8月20日に放送され、リスナーとの通話企画が物議を醸しているようだ。

 この日の放送では、伊野尾が散歩にハマっていることから、リスナー独自の“散歩スタイル”を募集。番組に寄せられたメールを、伊野尾が次々と読み上げた。

 さらに、伊野尾がたびたび「お電話つながってるようですね」と切り出し、複数の女性リスナーと電話をつなぐ場面も。その中には、Hey! Say! JUMPのコンサートに「かわいい姿で行きたい」との理由から、ダイエットのために散歩していると語るなど、ファンであることをアピールするリスナーも含まれていた。

 番組の公式サイトには、「ラジオを聞きながらメールやツイッター、電話など、いろんな形で番組に参加してもらい“ラジオを楽しむ人”を増やしたい!という番組」「リスナーのみなさんと一緒に作っていきたい」と趣旨が書かれており、同番組はまさしくその通りのアットホームな雰囲気だ。

 しかし、今回は通話したリスナーの中に、ネット界隈で有名な伊野尾ファンがいたこともあって、ネット上では「メールはいいけど、ファンとの電話を聞かされるのは衝撃がでかすぎて、心がもたない」「伊野尾くんにこういう企画はやってほしくなかった」「伊野尾とジャニオタが話す企画、誰が望んでるの?」と困惑するファンが続出。さらに、伊野尾に年下のファンが“タメ口”をきく場面があったことから、個人をバッシングする動きもあるようだ。

 この騒動から、1月にTOKIOのファンクラブ会員向けに音声コミュニケーションサービス「Johnny’s Family Voice」の案内が送られた際の騒ぎが思い出される。

 当時のファンクラブの文面によると、同サービスは「アーティストとファンの皆さまの声をオンラインでつなぐ」ものだといい、「トーク中に挙手している方をアーティストが指名することで直接会話ができるチャンス」もあるとか。この時は“テスト運用”として、TOKIOの城島茂がアカウントを開設したことが発表され、この情報はネット上で拡散された。

 すると、「Johnny’s Family Voice」というサービス名から、TOKIO以外のグループも採用する可能性があるとして、多くのジャニーズファンが反応する大騒動に発展。「自担がほかのファンとしゃべってるところなんて、絶対に聞きたくない」「ファンの気持ちをまったく理解していない」「地獄のようなサービス」と批判が続出した。そのせいか、その後、「Johnny’s Family Voice」の正式リリースのアナウンスはない。

 なお、似たようなファンサービスは、K-POPアイドル界隈で比較的多くみられるが、ジャニーズという独特な日本文化においては、なかなか適用は難しいのかもしれない。

 「ラジオ版 Johnny’s Family Voice」とも形容されている伊野尾の通話企画。これ以上、ファンの心情を逆なでしないよう、ジャニーズはアイドルとファンの距離感に慎重になるべきかもしれない。

鈴木紬(エンタメ系ライター)

元アイドル誌編集者。宮迫博之の焼肉屋「牛宮城」を誰かにおごってもらう日を夢見る芸能系ライター。芸能人のYouTubeやSNSのパトロールが日課。

すずきつむぎ

最終更新:2022/08/24 11:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真