日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 『新・信長』の二の舞いにはならない?
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

平野紫耀『クロサギ』、永瀬廉『新・信長』の二の舞いにはならない?

文=鈴木紬(すずき・つむぎ)

平野紫耀『クロサギ』、永瀬廉『新・信長』の二の舞いにはならない?の画像1
TBS『クロサギ』公式ツイッターより

 King & Princeの平野紫耀が、10月スタートのTBS系連続ドラマ『クロサギ』(毎週金曜、午後10時~)で主演を務めることが発表され、Twitterでは「#クロサギ」がトレンド1位に、「#平野紫耀」が2位となった。

 詐欺によって家族を失った主人公が、詐欺師を騙す詐欺師(クロサギ)となって本当の敵を探し出し、打倒していく同作。原作は黒丸氏と夏原武氏による漫画『クロサギ』シリーズで、2006年には同局にて当時ジャニーズタレントだった山下智久の主演で連続ドラマ化、08年に映画化された。

 なお、原作が完結したのは“山P版”の放送後であったが、今回は前ドラマシリーズで描くことができなかった主人公と“最大の宿敵”の直接対決が描かれることから、「完全版」という位置づけのようだ。

 プライム帯の連ドラでは、同作が単独初主演となる平野。今回発表された公式コメントでは、山下や前作について触れていないものの、「とても光栄です」「この作品では今までの僕のイメージを一気に払拭して、新たな一面をお見せ出来たらと思っています」と寄せている。

 平野が『クロサギ』で主演を務めることは、昨年10月配信のニュースサイト「文春オンライン」でも報じられていたが、今回の正式発表を受けて、ネット上では「ずっとずっと待っていました、平野紫耀くんのドラマ。初代と同じ金曜ドラマ枠で胸熱」「紫耀くんのドラマとか、久しぶりすぎて鳥肌立ちそう」「主題歌もキンプリだとうれしいなあ」と喜びの声が相次いでいる。

 さらに、「山P版の再放送あるんじゃない?」「紫耀くんのクロサギが始まる前に、山P版見直したい。再放送希望!」と再放送を期待するファンや、「“完全版”なら、なおさら山Pにやってほしかったなあ」「キンプリファンには悪いけど、完結編はやっぱり山Pで見たかった。退所してなければ……」と山下のジャニーズ退所を悔やむ声もあるようだ。

 そんな“山P版”は当時、初回平均視聴率18.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、全話平均で15.7%のヒットを記録。前作が成功している上に人気漫画の実写化とあって、“平野版”の数字も手堅そうだが……。

「ジャニーズ事務所は、平野の作品選びに、相当、慎重になっていますよね。キンプリのデビュー後、すぐに杉咲花主演『花のち晴れ~花男 Next Season~』(18年)に“2番手”で出演した平野ですが、これも嵐・松本潤が“2番手”で出演した大ヒットドラマ『花より男子』(05年、共にTBS系)の続編で、やはり人気漫画が原作でした」(テレビ局関係者)

123

平野紫耀『クロサギ』、永瀬廉『新・信長』の二の舞いにはならない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真