日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 平野紫耀、今度は化粧品

平野紫耀、消費財CM連続出演で“等身大アイドル”の座に君臨

文=加藤マサキヨ(かとう・まさきよ)

平野紫耀、消費財CM連続出演で等身大アイドルの座に君臨の画像1
King&Princeの平野紫耀

 King & Princeの平野紫耀が、化粧品メーカー・コーセーの敏感肌ケアキャンペーンCMに起用された。新CM「会いたくなる肌へ。」篇が現在放送中だ。

 メーカーによる起用理由は「明るい笑顔と思いやりの心をあわせ持つ平野は、コーセーの敏感肌ケアの優しさや、心まで前向きにする効果を表現するのにふさわしい」とのこと。

 本作は肌荒れが気になり、会いたくないとふさぎ込む女性を平野がコーセーの敏感肌ケア製品とともに、カメラ目線で励ますといったもの。CMでは初となる金髪姿にも注目だ。

「現在平野は、ソロCMとしては殺虫剤、コンタクトレンズ、シャンプー、焼肉のタレ、芳香剤といった商品と契約しています。今回の化粧品も含めて共通するのはスーパーやドラッグストアで買うことのできる“消費財”であるということ。マーケティング的に平野の特徴は、消費者への目線が近い“等身大のアイドル”であるということなのでしょう」(広告代理店関係者)

 なお、コーセーのCMには、新垣結衣や松本潤もそれぞれ出演中。現在、囁かれているのは彼らとの“サプライズ共演”だ。

「昨今のテレビCMは、ただ放映するだけでなく、ワイドショーやネットニュースなどの“ネタ”になることがとにかく重要。新垣結衣はコーセーのCMキャラクターを10年以上に渡りつとめているが、最近では『劣化した』『痩せすぎ』などの誹謗中傷がSNSのコメントに並ぶことも。とはいえ、その人気はままだ絶頂にあるので契約切りは考えづらいため、ここで平野との共演によってテコ入れを試みる可能性もゼロではありません」(前出・広告代理店関係者)

 今回のコーセーのCMにより出演本数が6本に達した平野は、ランキング1位の二宮和也へ僅差に迫ってきている。

「ジャニーズタレントといえど、デビューからわずか数年でナショナルクライアント級CMへの出演本数がすでに6本は大健闘といえるでしょう。彼の場合はグループでの出演も多いので“実質的なCMキング”と言ってもいいのではないでしょうか」(前出・広告代理店関係者)

 その上、所属グループであるKing & PrinceでのCM出演も続いている。

 まずは本田技研工業の「Hondaハート」シリーズ。もともとメンバーがモータースポーツ好きというのが起用のきっかけになったというが、白いツナギを身にまとったメッセンジャー役の彼らがバイクにまたがり疾走するシーンは素の表情が見ることのできる仕上がり。ファンでなく、モータースポーツ好きをも惹きつけるものとなっている。

 2021年には、任天堂のCMにも出演。メンバーたちが実際にアバターづくりに挑戦。和気あいあいとゲームを楽しむ様子に、見ているこちらも和まされる。

「近年のジャニーズタレントは“メンバー間の仲の良さ”をアピールする手法が多くとられますが、キンプリは顕著ですね。ソロでの活動も順調ですが、メンバーが揃うと、“メジャー感”がもたらされるというのは往年の人気グループSMAPや嵐のそれを彷彿させますね」(CMディレクター)

 とにかく話題をさらう平野紫耀のCM出演。今後はグループの動向も合わせて気になるところだ。

 

 

加藤マサキヨ(かとう・まさきよ)

加藤マサキヨ(かとう・まさきよ)

1988年生まれ。広告、IT業界に精通。週末はアイドル鑑賞で目を労り、サウナで汗を流す。

最終更新:2022/09/06 04:51

平野紫耀、消費財CM連続出演で“等身大アイドル”の座に君臨のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真