日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 玉木宏が過去最高に恐ろしい映画

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力

文=ヒナタカ

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力の画像1
C) 2022「この子は邪悪」製作委員会

 9月1日より『この子は邪悪』が公開されている。

 本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」という映画企画とクリエイターの発掘プログラムにて、2017年の準グランプリを受賞した企画の映像化となる。2021年公開の『哀愁しんでれら』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』『マイ・ダディ』も同プログラムにより生まれた映画であり、実力と熱意のあるクリエイターの渾身の作品を、万全のバックアップをもって世に送り出す試みは、映画ファンの1人として応援したくなるものだ。

 そして、今回の『この子は邪悪』も、これまでの受賞作と同じく、エンタメとして抜群に面白く、クリエイター支援というポイントを抜きにしても、大プッシュで幅広い層におすすめできる映画となっていた。特に『世にも奇妙な物語』的な不可思議で怖い話が好きな方、タイトルから想像する以上に良い意味でイヤ~な気分になれるサスペンス&ミステリーが観たい方は必見だろう。大きなネタバレに触れない範囲で、さらなる魅力を記していこう。

戸惑いと恐怖をストレートに伝える南沙良の熱演

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力の画像2
C)2022「この子は邪悪」製作委員会

 あらすじを紹介しよう。少女・花(南沙良)の一家は、5年前に凄惨な事故に遭っていた。心理療法室を営む父・司朗(玉木宏)は脚に障害が残り、母・繭子(桜井ユキ)はずっと昏睡状態で、妹・月は顔に火傷を負い仮面をつけていた。ある日、司朗が5年振りに目を覚ましたという繭子を連れて家に帰って来る。司朗は「奇跡が起きた」と久々の家族団らんを喜ぶが、花は「お母さんじゃない」と違和感を覚える。花は知り合った少年の純(大西流星)と共に、真相を探ろうとするのだが……。

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力の画像3
C) 2022「この子は邪悪」製作委員会

 本作のキャスティングは「耽美な世界観を表現できるか」が大きな基準となったそうで、主人公役の南沙良がまず「これ以上はない」と言えるものだった。「帰ってきたお母さんがお母さんじゃないと思う」恐ろしい状況に戸惑う、観客にいちばん近い立場のキャラクターであり、その表情や一挙一動からは恐怖心がストレートに伝わってくる。これまで「見た目は可憐だが、心の中では複雑さや闇を抱える」役を演じてきた南沙良の、役者としての経験も存分に生かされたのだろう。

123

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真