日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 初ヒット祈願の弓木奈於、根性と涙
「乃木中」「そこさく」「ひなあい」“坂道ゴールデンタイム”レビュー #12

『乃木坂工事中』弓木奈於、初選抜ヒット祈願は“NOT弓木ワールド”で根性と涙を見せる

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

『乃木坂工事中』30th初選抜の弓木奈於、ヒット祈願はNOT弓木ワールドで根性と涙を見せるの画像1
YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」動画「【公式】「乃木坂工事中」# 375「30thシングル ヒット祈願 前編」2022.08.28 OA」より

 毎週日曜深夜は「乃木中」「そこさく」「ひなあい」の“坂道ゴールデンタイム”!

 24時~『乃木坂工事中』(テレビ東京系、以下同)、24時35分~『そこ曲がったら、櫻坂?』、25時05分~『日向坂で会いましょう』の3番組をウォッチします。

 今回は、8月28日放送分の3番組の中で、見どころのシーンやメンバーの活躍を振り返ります。

~今週のラインナップ~
『乃木坂工事中』:「30thシングル ヒット祈願 前編」
『そこ曲がったら、櫻坂?』:「私が人生で学んだ格言発表会!後半」
『日向坂で会いましょう』:「打倒クイズ女王! 日向坂クイズバトル!」

※前週の記事はこちら

『乃木坂工事中』初のヒット祈願に挑戦した弓木奈於の頑張りに感動

『乃木坂工事中』では「30thシングル ヒット祈願 前編」がオンエア。今回は30thシングル『好きというのはロックだぜ!』の発売を記念して、毎シングル恒例のヒット祈願が行われた。

 参加したメンバーはセンターの賀喜遥香、佐藤楓、山下美月、そして初選抜を果たした金川紗耶と弓木奈於の5人だ。30thシングルのタイトルにちなんで“ロック”クライミングを実施。ヒット祈願といえばやっぱり過酷なイメージが強いが、今回も一筋縄ではいかなさそうな内容だ。佐藤に関しては『SASUKE』(TBS系)で運動神経の高さを見せつけていただけに最も有力なメンバーだが、他のメンバーに関しては未知数。金川と弓木は選抜入りへの意気込みも人一倍強いだけに、奮起してほしいところである。

 舞台となるのは神奈川県横須賀市にある「鷹取山」。まずは5mもある練習用の岩場に挑戦していく5人だが、当初の心配をよそにみんなスイスイと登っていた。5mとはいえ、断崖絶壁の岩場だけにいとも簡単に登っていくのはさすが。やっぱり普段からダンスレッスンなどもしているだろうし、足腰の強さは一般人よりもあるのかもしれない。

 そして迎えた本番。挑戦するのはオープンブックと呼ばれる、先程の5mとは比べ物にならない20mの岩壁。メンバーも「登れる?」「絶望……」「外国だ!」と思わず声が漏れてしまうほどだった。ガイドさんの「1人でも登れればスゴいと思います」という言葉が難易度の高さを物語っているが、メンバーとしてはやはり全員成功で終わらせたいというのが願いだろう。

 最初に挑戦するのは、初選抜の弓木。冒頭でも「初めてのヒット祈願、念願なので楽しみたいです!」と語っていたが、挑戦への意気込みを聞かれると、「めちゃくちゃ不安です……」としつつも「ギブアップはしたくないので頑張ります」と、いつもの“謎発言”は鳴りを潜めた真面目なコメント。弓木ワールド溢れるトークに期待していたのか、スタジオにいる設楽統からは「まともにしゃべってる!」とツッコまれていた。残り5メートルのところまで到達した弓木だが、15分という制限時間に加えて体力も限界を迎え、山岳ガイドさんの判断で無念のリタイアに。残念だったが、弓木が持ち前の根性で最後まで諦めずに進もうとしていたところに感動した。選抜発表の場でも「人よりもできない分、いっぱい頑張ってファンの方が『応援して良かったな』と思ってもらえるようになりたい」と話していたけれど、弓木が最後に流した涙はきっとファンにも伝わっていたはずだ。

 弓木が挑戦を終えたタイミングで応援に駆けつけてくれた1期生の樋口日奈と和田まあや。今シングルをもって卒業を発表している2人だが、実はヒット祈願の裏で“ヒット祈願成功のための祈願”をしてくれていたという。三浦半島にある5つのパワースポットを巡った2人だったが、和田が「大吉」を見て「吉大って何?」と読み間違えたり、弓木のためになぜかデカい「子宝石」を買ったり、カヤックロケではパドリングの「右左」の掛け声が延々と続いて“マイクの故障を疑うほど”だったりとさすがの貫禄で、こちらも見せ場はたっぷりだった。

123

『乃木坂工事中』弓木奈於、初選抜ヒット祈願は“NOT弓木ワールド”で根性と涙を見せるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ドッキリの教科書になったワケ

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」とい...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真