日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 関西バラエティ番組事件簿  > 千原ジュニアと小籔千豊が一触即発
【日刊サイゾー】関西バラエティ番組事件簿

千原ジュニアと小籔千豊が一触即発、90年代の2丁目劇場のヒリついた空気感

文=田辺ユウキ(たなべ・ゆうき)

千原ジュニアと小籔千豊が一触即発、90年代の2丁目劇場のヒリついた空気感の画像1
カンテレ『お笑いワイドショー マルコポロリ!』公式サイトより

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またローカル番組らしい味わいがクセになる、関西制作のテレビ番組に注目する連載「関西バラエティ番組事件簿」。

 今回は、9月4日放送『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(カンテレ)で特集された、「伝説の2丁目劇場SP」について触れたい。

1990年代の2丁目劇場で千原兄弟らが人気に

 大阪・心斎橋筋2丁目劇場は1986年5月、現在の吉本興業会長・大崎洋が、吉本の伝統的なお笑いへのカウンターを生み出すために作った劇場で、NSC出身で師匠を持たないノーブランド芸人たちの主戦場となった。なかでもダウンタウンが司会をつとめた『4時ですよーだ』(毎日放送)が爆発的な人気となり、その存在が広く知られるようになった。

 ところが1989年に番組が終了し、ダウンタウンらも東京へ進出するために劇場を卒業。一旦、その賑わいが落ち着いた。それでもその4年後となる1993年から『爆笑BOOING』(関西テレビ)、『2丁目ワチャチャTV』(テレビ大阪)、『笑いの剣』(ABC)の放送が始まって再ブームが起こり、ネタランキング番組『すんげー! BEST10』(ABC)で最高潮に。千原兄弟、ジャリズムらが若者たちから絶大な支持をあつめた。

 1997年に千原兄弟が卒業し、『すんげー!BEST10』も同年に放送終了。1999年3月、入居するビルの老朽化にともない建て替えが決定し、劇場は閉館した。

若手時代の千原ジュニア「お笑いストリートファイト、やりましょか」

『マルコポロリ!』の放送内容で興味深かったのが、当時の若手芸人たちの関係性が思っていた以上に殺伐としていたところである。特におもしろかったのが、当時の主要劇場だったうめだ花月と心斎橋筋2丁目劇場の社員同士の仲が悪かったことが影響し、それぞれの劇場に出ている芸人たちも火花を散らしあっていたという話。

 うめだ花月に出ていた藤原敏史(FUJIWARA)、小籔千豊、多田健二(COWCOW)、土肥ポン太と、心斎橋筋2丁目劇場の千原ジュニア(千原兄弟)、ケンドーコバヤシ、高橋茂雄(サバンナ)がミナミで鉢合わせしたとき、ジュニアは「お笑いストリートファイト、やりましょか」と吹っかけたという。その話に乗りかけたのが小籔だったそうで、結局は藤本らの仲裁でことなきを得たが、ジュニアは小藪の好戦的な態度に怒りをにじませながらもどこか、嬉しそうだったという。まるで芸人版『クローズZERO』のような話だ。

『マルコポロリ!』のレギュラー出演者・あいはら雅一(メッセンジャー)も「いまでは考えられないくらいヒリヒリしていた」と1990年代の大阪の若手芸人事情を振り返った。ちなみに心斎橋筋2丁目劇場は、東京・銀座7丁目劇場とも抗争を繰り広げており、大阪で「ジャックナイフ」と呼ばれていたジュニアと東京で「狂犬」として恐れられた加藤浩次(極楽とんぼ)は、「混ぜるな危険」の間柄で共演NGが囁かれていたという。

12

千原ジュニアと小籔千豊が一触即発、90年代の2丁目劇場のヒリついた空気感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

東出昌大の驚愕山小屋生活!

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真