日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 関西バラエティ番組事件簿  > 千原ジュニアと小籔千豊が一触即発
【日刊サイゾー】関西バラエティ番組事件簿

千原ジュニアと小籔千豊が一触即発、90年代の2丁目劇場のヒリついた空気感

文=田辺ユウキ(たなべ・ゆうき)

殺伐さを受け継いだ、中川家、笑い飯、千鳥、麒麟

 たしかに1990年代後半から2000年代の大阪の若手芸人たちには、そういったギラつきがあったと聞く。

 なかでも中川家は、駆け出しのときに心斎橋筋2丁目劇場の舞台に立ってその、殺伐としたムードを味わっていたこともあってか、千原兄弟らの東京進出後はかなり厳しい態度で若手たちと接していた。筆者が2021年、笑い飯にインタビューをおこなった際、哲夫も「僕らの若手時代は中川家の礼二さんが怖かった」と語っていたほど。笑い飯が若手時代、賞レース後に松竹所属(当時)のチョップリンと飲んでいたとき、礼二と黒田有(メッセンジャー)がやって来て「よその事務所の芸人と飲むな。その準優勝のトロフィーを道頓堀川に捨てろ」と言われたのは有名な話だ。

 そういった“伝統”を受け継いだのが、まさに笑い飯であり、千鳥や麒麟らである。笑い飯は、おもしろいと感じないものが一切認めてこなかった。NON STYLEのことを酷評し、「不仲」が伝えられていた。

 また、筆者がトキ(藤崎マーケット)へインタビューしたとき、彼は「笑い飯さんや千鳥さんがトップだったときのbaseよしもとの時代に戻りたくない。おもしろくなければ人にあらずんば、という空気が本当に怖かった」と思い返していた。笑い飯、千鳥は日常生活のなかでも、何かを見つけるとその場で「おもしろいことをやってやろう」と、大喜利状態になったという。四六時中、笑いに没頭していたのだ。

 それはまさに、ジュニアが小籔らに仕掛けた“お笑いのストリートファイト”と同様のもの。『マルコポロリ!』では、ジュニア、ケンコバらが、酔いつぶれて倒れた陣内智則を見て、救急車が来るまでの間「(この光景に)おもしろいタイトルをつける」ということをやっていたことも明かされた。笑いに対して度を超えており、怖さすら感じるエピソードである。

笑い飯・西田「どんなときでも刺激が欲しい」

 笑い飯の西田幸治は、現在でも『M-1』のような刺激的な場所を求めていると話していた。「劇場だろうがテレビだろうが、どんなときでも刺激が欲しい。後輩に負けたくない気持ちがある。いつまでも『あの人はおもろい』と言われたいから」と笑みを一切浮かべず語っていたのが印象的だった。

 そういった面々だからこそ、ベテランになってもなお『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)、『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)、『千原ジュニアの座王』(カンテレ)といったバトル形式やそれに近いスタイルの番組に出て、「誰が一番おもしろいか」を決めるような笑いに挑んでいるのではないか。彼らは“血”に飢えているのだ。

 今年も『M-1』や『キングオブコント』など、ビッグな賞レースのシーズンがやって来る。新たなスターが誕生することになるだろう。ただそこで勝ち上がった先には、ジュニアらのような1990年代に“ストリートファイト”でのし上がってきた芸人たちが、「誰が一番おもろいか決めようや」と拳を鳴らして待ち受けている。

 

 

田辺ユウキ(たなべ・ゆうき)

田辺ユウキ(たなべ・ゆうき)

大阪を拠点に芸能ライターとして活動。映画、アイドル、テレビ、お笑いなど地上から地下まで幅広く考察。

Twitter:@tanabe_yuuki

田辺ユウキのプロフィール

最終更新:2022/09/08 11:00
12

千原ジュニアと小籔千豊が一触即発、90年代の2丁目劇場のヒリついた空気感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

恋多き女優を変えた松坂桃李

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真