日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 長瀬智也、活動再開への期待

元TOKIO長瀬智也、音楽活動再開で期待される“男闘呼組の例”とあの活動

元TOKIO長瀬智也、音楽活動再開で期待される“男闘呼組の例”とあの活動の画像1
長瀬智也

 元TOKIOの長瀬智也が、本格的に音楽活動を再開することが報じられ、ファンたちの期待が高まっている。

 2021年3月末にTOKIOを脱退し、同時にジャニーズ事務所も退所した長瀬。その後表立った活動はほとんどなく時折、更新されるインスタグラムで知人と趣味に興じる姿が発信される程度。ちょっとした広告出演をするだけでも大きな話題となり、ファンからその活動再開が待ち望まれている状態だ。

 今回「女性自身」(光文社)が報じたところによると長瀬は「頻繁にスタジオレコーディングを行っていて、仲間内で組んだバンドで、インディーズ楽曲を発表する予定」とのこと。たしかに、TOKIO加入当初はプロレベルの演奏ができずボーカルを担当、その後自ら研鑽を積みミュージシャンとして実力を高めていった。

「TOKIO時代から、地元の友人達とセッションしたりすることもありました。ジャニーズは副業NGなので、主だったバンド活動というわけではないですが、ちょっとしたステージで弾き語りをする、なんてこともあったんです。TOKIOをやめたのも結局、山口達也さんの脱退でライブができなくなったことが遠因だったともいわれていますよね」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 今回の音楽活動再開報道に際しては、山口とのコラボを期待する声も上がっている。

「男闘呼組も再結成は無理だと言われていたけど、みんな各々活動を続けてようやく今年いけたので、道は長いかもしれませんが期待はされているでしょうね。ただ、長瀬さんはジャニーズをやめる時に、今後の活動について一筆書いたとされています。少なくとも数年間は表立った活動はしないというような内容だったそうで、だからこそ悠々自適とした活動をSNSで発表している状態です。今回もあくまで、インディーズだというのもそういう事情があるんじゃないでしょうか?」(バラエティ番組プロデューサー)

 やめたジャニタレが音楽活動に活路を見出す例は昔からあり、特に元KAT-TUN赤西仁の大成功が拍車をかけている印象だが……。

「ただ、大成功したのは赤西仁くらいで、彼にくっついて音楽をやっている錦戸亮も、音楽的評価が高い渋谷すばるも現状ではそこまでうまくいっているとは言えません。赤西は早々に国外に活路を見出して大成功をおさめましたが、長瀬さんが海外に基盤があるというのは聞いたことがない。もちろん知名度がないわけじゃないでしょうし、本気でやったらむしろ成功するかもしれませんが……。国内だとやっぱりジャニーズの壁は高い。赤西も錦戸も渋谷も、そのほかここ数年大量に辞めていったジャニーズタレントたちも、ほとんどテレビには出られていない。テレビ電波を使ったプロモーションができているのは、大手芸能プロがバックアップしているといわれている山下智久くらいですよね」(同)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真