日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > キンプリの「非・王道ジャニーズ」な挑戦
キンプリ学

“攻め”のKing & Prince―「ツキヨミ」「ichiban」などから考える音楽的挑戦

“攻め”のKing & Prince―「ツキヨミ」「ichiban」などから考える音楽的挑戦の画像
King & Prince

 King & Princeの新曲「ツキヨミ」は、ラテンフレーバー溢れる大人の1曲に仕上がった。ジャニーズにおいてラテン系の楽曲はもはや伝統芸であり、古くは近藤真彦「アンダルシアに憧れて」がその代表格として後輩メンバーに脈々と歌い継がれている。以降も、KinKi Kids「硝子の少年」、タッキー&翼「Venus」、KAT-TUN「KISS KISS KISS」といったさまざまなジャニーズソングにラテンの血が流れており、これらの楽曲は情熱的、あるいは哀愁などのワードで形容されることが多いと言えるだろう。

 「ツキヨミ」もそんな哀愁ラテンの系譜に連なるものだが、サウンドアプローチはひと味違い、ここ数年のグローバルポップにおけるトレンドであるレゲトンの要素が感じられる。レゲトンという音楽ジャンル自体は1980年代から存在するものの、2017年にルイス・フォンシがダディー・ヤンキーと共に「Despacito」を大ヒットさせたあたりから新たな潮流が生まれ、全米の音楽チャートを席巻していった。

 「ツキヨミ」の場合はよりダンスナンバーとしての強度が高く、「ムーバトン(Moombahton)」のリズムを踏襲した仕上がりと言えるだろう。ムーバトンは、2009年発表のシルヴィア・エコモ&チャッキー「Moombah(Afrojack Remix)」のBPMを落としてみるとレゲトン風になった……という逸話から広まったジャンルで、「Moombah」にレゲトンのトンを合わせたことからこう呼ばれている。代表的なところではメジャー・レイザー&DJスネーク「Lean On(feat. MØ)」(2015年)やジャスティン・ビーバー「Sorry」(2015年)のほか、K-POPのヒットソングにもよく使われているリズムだ。

 「ツキヨミ」に限らず、今年のキンプリは以前に増して「攻め」のモードを打ち出していた。6月にリリースしたアルバム『Made in』のリード曲「ichiban」では、平野紫耀が母からの影響で好きになったというKREVAによるプロデュースが実現している。制作にあたっては、2017年にリリースされたKREVAの「神の領域」(アルバム『嘘と煩悩』収録)を楽曲イメージとして伝えたのだという。それを受けて作られた「ichiban」はトラップ系のビートが印象的なヒップホップナンバーで、上昇志向に満ちた強気のリリックと攻撃的なビートの親和性を楽しめる1曲だ。レコーディングにはKREVA本人が立ち会ったこともあり、フロウにも彼の影響が色濃く感じられる仕上がりとなっている。

 KREVAラップの真骨頂と言えるのが、全文字を押韻するスタイルだ。例えば代表曲「音色」であれば〈音色〉というワードに対して〈迷路〉〈抵抗〉〈KO〉〈影響〉と短いバースの中で語尾以外も含めて押韻を重ねている。発音も聴き取りやすいため、テクニカルでありながらもリリックがしっかりと耳に残るのが持ち味だ。

 「ichiban」でも〈No.1〉に〈ただやる〉〈まさか〉、〈1番〉に〈一心不乱〉〈ウイニングラン〉〈Here we are〉といった巧みなライミングを、わずか5秒ほどの間にこれでもかとばかりに詰め込んでいる。リリックにおける無駄のない簡潔さは、サビを中心とした短い秒数でのインパクトが求められるTikTokでのバイラルヒットに繋がった一因でもあるだろう。(1/2 P2はこちら

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真