日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 死刑執行に関わる人たちの声を特集
『ねほりんぱほりん』レビュー

葉梨前法相更迭と同じ日に「元刑務官」登場、死刑執行に関わる人たちの声「ふとしたときに…」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「死刑執行の練習」は丸太を用意して…

 刑事施設には、刑罰が確定した受刑者を収容する「刑務所」の他に、判決が確定していない者や死刑囚を収容する「拘置所」がある。

 セイタさんは拘置所に属していたこともあるらしい。つまり、死刑囚を管理した経験を彼は持っているのだ。

「死刑囚も指導していましたし、『近々、死刑が執行されるかもしれない』という情報が入り、死刑執行の練習をしたこともあります。自分はやる前に異動命令が出たので異動したんですが、次の1年以内に執行があったとは聞いています」(セイタさん)

 葉梨前法相のニュースがあった日に、なんてタイムリーな話題なのか……。セイタさんの証言で特に気になったのは、「死刑執行の練習」という一言だ。

「日本は絞首刑なので、問題なく実行するために。丸太で60キロぐらいの人型の人形を作って、首のところに縄をかけ、それを使って実際に死刑台から落として。落ちたときに、そのままだと飛び跳ねてしまうんです。それを飛び跳ねさせないよう、落ちたら首の紐を持って上に引っ張る役割の練習をしていました」(セイタさん)

 落ちきった瞬間、人はバンジージャンプ直後のようにバウンドしてしまう。だから、首の紐を引っ張る。その感触を想像しただけで、なんとも嫌な気分になる。

 ちなみに、死刑の執行ボタンは複数人で押すそうだ。

「3人だったり5人だったり、施設によって変わってくるんですけど。それで、誰が押したのかわからないようにする」(セイタさん)

 これは、刑務官が罪悪感に囚われないようにする配慮だ。そういえば、ボタンを押した刑務官には特別手当が出ると聞いたことがある。ただ、そのほとんどは、供養のため、または特殊な職務のストレスを晴らすため、その日中に酒代に消えてしまうらしい。

山里 「セイタさんの周りには、死刑執行に関わった人はいますか?」

セイタ 「拘置所にいた頃に40代の先輩職員がいて、『自分が実際に押した』と。押してしまうと、ふとしたときに『自分が押したボタンが反応したのでは?』と思ってしまうから、『やっぱ、やるもんじゃないよね』とは言われました」

 葉梨前法相は「はんこを押すだけの地味な仕事」と口にしたが、現場で働く者はこういう十字架を背負わされるのだ。決して、ボタンを押すだけの簡単な仕事ではない。なんだったら、「葉梨氏ははんこではなく、自分でボタンを押せばいいのでは?」とさえ思ってしまった。

123456

葉梨前法相更迭と同じ日に「元刑務官」登場、死刑執行に関わる人たちの声「ふとしたときに…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真