日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 転売ヤーが暴言連発の胸クソ回

転売ヤーの胸の内「情弱のお客様、ありがとうございます!」『ねほぱほ』史上稀に見る胸クソ回!?

転売ヤーから情報商材屋に転向する者が続々と…

 そもそも、転売ヤーは売れる商品をどこから見つけてくるのだろう?

「結構簡単で、インターネットにそういう情報が普通に落ちてるんですよ。転売情報ブログみたいなものに『これ売れるぜ』みたいなことが書いてあって」(タイヘイさん)

 筆者もそれらしきサイトを見つけたが、そこにはカッコいい限定スニーカーやトレーディングカードの情報が親切に紹介されていた。これを買って、高く出品すれば儲かるというわけだ。

 複雑なのは、この情報を頼りに転売する転売ヤーより、ブログで情報を発信するブロガーのほうが儲けているという事実である。

「僕、転売情報のブログをやってるんですけど、これで広告収入が入ってくるんです。これ(転売ブログ)をやりたい人はドンドン増えています。その中で売れる商品、転売入門情報みたいなものを載せるだけでブログのレビューが稼げてしまうので。すごい人だと、それだけで暮らせちゃう人もいる。情報を売ったほうが、正直儲かります」(ヒロシさん)

 アフィリエイトに転売ヤーか……。在庫を抱えるのもリスクだから、情報商材へ転向するわけだ。まあ、情報商材屋こそ1番タチが悪いイメージなのだけど。

 じゃあ、そのブロガーはどこから商品の情報を得ているのか?

「自分はいろいろな転売コミュニティに入っているので、そこで情報はいただいてます。LINEでオープンチャットという誰でも出入りできるグループがありますが、その中に入って自分が何か情報を提供すると、そこの参加者からも情報をいただけます。トレードし合う」(ヒロシさん)

 転売ヤーの巣窟となるコミュニティが存在するのだ。転売ヤーも群れなければいけない時代か……。

 ユーリさんはコミュニティに入るのではなく、最初から“転売コンサル”に教えを請うていたらしい。

ユーリ 「(転売の)ノウハウを、お金を払って『教えてください』っていうので」

山里 「お金払ったんだ、ユーリさん」

ユーリ 「払いました。30万円ぐらいです」

「これは売れる!」というブランドから、本物かどうかを見分けるポイントまで、しっかり教わるそう。つまり、せどりのやり方を教えている情報商材屋である。商材屋のカモにされているのだから、実は彼女自身も情弱なのでは……?

「自分は20万払っても、資料渡されて終わりでした」(ヒロシさん)

 こっちにもカモがいた! みんな、情報商材を買った人たちだったのか。転売コンサルがいるだなんて、ますます転売業界は闇が深い。

12345
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真