日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > A.B.C-Zの河合"芸人扱い"される実力
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

河合郁人、トップ芸人から”芸人扱い”される実力… フット後藤や松本人志も一目置く「唯一無二のジャニーズ」に

河合郁人、トップ芸人から芸人扱いされる実力… フット後藤や松本人志も一目置く「唯一無二のジャニーズ」にの画像1
テレビ朝日『お笑い実力刃 presents 証言者バラエティ アンタウォッチマン!』公式ツイッターより

 13日に放送された、アンタッチャブルとサンドウィッチマンによるバラエティ番組『お笑い実力刃 presents 証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)で、A.B.C-Zの河合郁人が特集された。同番組でジャニーズタレントを取り上げるのは異例で、芸能界における河合の唯一無二のポジションが浮き彫りになった。

 同番組は「実力派の芸人やお笑いカルチャーを取材し、彼らのことをよく知る関係者(=ウォッチマン)たちの証言をもとに、“面白さの秘密”や“波乱万丈な歴史”を紐解いていく」という内容。普通なら「アイドル」であるジャニーズタレントは主旨と異なるはずだが、河合は多くの人気芸人からも一目置かれる存在ということで特集されたようだ。

 番組では、河合が鳴かず飛ばずだったジャニーズJr.時代に嵐・松本潤の振りまねをテレビ番組で披露して「ジャニーズものまね」という武器を手に入れた経緯や、悩みから救ってくれたというKAT-TUN・亀梨和也からの助言、ものまね番組でブレイクするまでの努力と苦労などについて語った。また、MCとしてタッグを組むなど多数の共演経験があるフットボールアワー・後藤輝基が、芸人の視点から河合の魅力を証言する場面もあった。

 これに対して、Twitter上では「河合くんは本当に努力の人だね」「自分で道を切り開いた河合くんは、くすぶってる後輩たちの希望の光だよ」「いつもニコニコしてる河合くんの影の努力を知って泣いてしまった」といった声が寄せられ、トレンドワードに「河合郁人」が入るなど大きな反響を呼んだ。

 実は、この2週間前にもお笑いコンビ・ニューヨークのYouTubeチャンネル企画「日本一詳しい芸人名鑑」で河合が特集されている。この動画を見ても、河合がジャニーズのタレントでありながら、トップ芸人たちから「自分たちと同じ土俵にいる」と認識されている特異な存在であることがわかる。

 河合自身も、2月に出演したトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、ライバル視している「仕事が増えると悔しいタレント」としてお笑いコンビ・かまいたちとバラエティで活躍しているNMB48・渋谷凪咲を挙げるなどし、今までのジャニーズとは一線を画した路線を進んでいる。

「これまでも中居正広さん(現在は独立)や関ジャニ∞の村上信五さんらがバラエティ班として先陣をきって活躍してきましたが、あくまで『MCもできるジャニーズタレント』という扱いでした。河合さんのように”芸人”としてフィーチャーされるのは、ジャニーズでも過去に例がないのでは。ニューヨークの動画でも屋敷裕政さんが『ほぼ芸人みたいな動きをしている』と言ってましたが、河合さんはロケも上手いし、ひな壇でのガヤも裏回しもできる。おまけに、ジャニーズの先輩・後輩のエピソードトークも豊富なんですよね。ワイドショーや全国区のバラエティ番組だけでなく、ローカル番組などでも引っ張りだことなっていますが、オファーが絶えないのも納得です。ダウンタウンの松本人志さんも一目置いているそうですから、芸人たちからの評価も非常に高い」(バラエティ番組製作会社関係者)

 松本は2020年に“ジャニーズの長男”といわれた近藤真彦(現在は独立)の不倫スキャンダルが発覚した際、バラエティ番組などでジャニーズタレントをイジりづらい空気があり、そうした「忖度」めいた風潮が不祥事につながったのではと指摘。その上で、ジャニーズの先輩をものまねでイジっている河合について「本当にすごく頑張ってると思う。ジャニーズの内部から(イジりづらい風潮を)緩和させていってる。あれってジャニーズにとってもすごくいいと思う」とべた褒めしていた。

 ジャニーズの体質にまで影響を与えているという河合の存在感は、事務所内でも徐々に大きくなっているという。

「CDセールスではSnow ManやKing & Prince、なにわ男子がトップクラスですが、裏の“稼ぎ頭”は間違いなく河合郁人でしょう。デビュー直後の不遇時代は『1カ月のスケジュールが真っ白』ということもあったそうですが、現在は『稼働率』でジャニーズ内ナンバーワンになった。さらに、これまでジャニーズタレントが出演してこなかった部類のテレビ番組も新規開拓しているし、河合のバーターで仕事が増えたジャニーズJr.もいるので、事務所にとって非常にありがたい存在。現在はゲスト出演が多いですが、今の勢いが続けば事務所のプッシュが本格化し、あと1~2年のうちにMCとして冠番組を持つようになるかもしれません」(ジャニーズに詳しい芸能ライター)

 昨年、情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)の代理MCを務めた際も「司会がすごくうまい」「安定感がある」と好評だった。バラエティに限らず、情報番組でMCができる実力があるとなれば幅広い展開が期待できる。世間からの河合の認知度や支持が高まればA.B.C-Zの人気を引き上げることにもつながるだけに、今後のさらなる活躍に期待したい。

 

 

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2022/12/14 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真