日刊サイゾー トップ > エンタメ  > チェッカーズのブレイクとシブがき隊
いま振り返る、チェッカーズVSシブがき隊。

チェッカーズのデビューから解散まで~そのブレイクに最も割を食ったジャニーズ・シブがき隊

シブがき隊ファン熱弁「歌のうまさもダンスのカッコ良さも求めてない!」

 チェッカーズが台頭し始めた84年、シブがき隊は9thシングル「喝!」で初のオリコン1位を獲得した。というか、彼らが1位を獲得したのは唯一この曲のみである。

 この頃、シブがき隊がリリースした楽曲としては、「サムライ・ニッポン」、「喝!」、「アッパレ! フジヤマ」、「べらんめぇ!! 伊達男」などがある。改めてこれらを聴き直し、筆者は笑ってしまった。正直、どの曲もかなりキツいクオリティーなのだ。

 デビューから解散までシブがき隊を担当した、元CBSソニーの音楽ディレクター・藤岡孝章氏が証言している。

「音程がめちゃくちゃで、元気よく歌うっていう。正直、これをデビューさせるのか? と(苦笑)。ハイレベルな楽曲だと(3人は)歌いこなせないんで」(藤岡氏)

 特に、シブがき隊は布川が最も歌が下手で、ダンスも本当に適当だった。スタジオに登場したシブがき隊ファンの1人は、こう熱弁している。

「私たちはシブがき隊に歌のうまさもダンスのカッコ良さも、なにも求めていないんです!」

 とにかく、3人がそこにいればもうそれでいい。ある意味、ファンの鑑だ。でも、それだけじゃない。シブがき隊にも、彼らならではのストロングポイントがあったらしい。番組が説いたのは、以下の3要素だ。

●メンバーカラーの元祖
 今ではジャニーズの定番となっているメンバーカラーも、実はシブがき隊が元祖と言われている。本木が赤、薬丸が青、布川が黄だ。

●握手文化の元祖
 AKB48よりずっと前に握手会を開催していた。

●ジャニーズ初モノマネ番組出演
 番組内で、「歌い出しの声が小さすぎる中森明菜」、「失礼すぎる岩崎宏美の顔のマネ」といったネタを披露する本木のパフォーマンス映像が紹介された。

 番組は上記3つのストロングポイントを紹介したが、この認識は明らかに誤りだろう。例えば、たのきんトリオにだって、田原俊彦=赤、近藤真彦=黄、野村義男=青というメンバーカラーがあったし、あおい輝彦が在籍した初代ジャニーズにもメンバーカラーはあった。あと、川崎麻世がジャニーズ入りした経緯は、彼がモノマネ番組で西城秀樹のモノマネをし、それを見たジャニーズ事務所が川崎をスカウト……という流れだったはずである。

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真