日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > アニメワンピ、引き延ばしに思わぬ批判?

アニメ『ONE PIECE』、女性キャラの壮絶キャットファイトに「子どもに悪影響」の声

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

アニメ『ONE PIECE』、女性キャラの壮絶キャットファイトに「子どもに悪影響」の声の画像
『ONE PIECE』公式Twitterより

 日曜の朝からこの内容でよかったのか……。

 劇場版が大ヒット中のアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。12月11日には第1044話「クラッチ!悪魔の化身 ロビン!」が放送されたが、原作を大幅に超える過激なキャットファイトシーンの連続に困惑した視聴者も少なくなかったようだ。

 第1044話では、主人公ルフィの仲間で「悪魔の子」の異名を持つロビンが、百獣海賊団の幹部ブラックマリアと戦うという女性キャラ同士の対決が繰り広げられた。

「下半身は巨大なクモとなるブラックマリアが、糸の能力でロビンの身動きを取れない状態にしてメリケンサックをつけた拳で何十発も顔面を殴打。前半のAパート10分のほとんどを、ブラック・マリアが一方的にロビンをボコボコにする展開に費やし、原作以上にブラックマリアのドSぶりが強調されました。さらにロビンも太ももをあらわにしたまま、殴られるたびに『あぁ~~~』と悲鳴をあげ、ブラックマリアも『いいわぁ~』『きもちいいぃ~~』と恍惚の表情で嬌声をあげていたため、さながら公開SMプレイのようでしたよ」(サブカルライター)

 これには、久しぶりにアニメ版を観たという原作ファンからも「ロビンがこんなボコボコにされてるの初めて見た」「制作陣にそういう趣味の方がいるとしか思えない演出」といった驚きの声が。さらに、「殴られまくっているロビンを見てる子どもの表情わかる? 悪影響だわ!」「ねぇ、待って、待って、日曜日の朝からこんな喘ぎ声を流していいの?」といった批判の声も上がってしまった。

「原作は11月に104巻が発売されたばかりでまだ物語は続いてますが、アニメも1999年から20年以上にわたって続く長寿シリーズだけに、原作に近づきすぎている問題がある。最近では冒頭のナレーションに6分を費やしたり、原作漫画では3ページで描かれた格闘シーンが2分半に引き延ばされていたりと、“尺稼ぎ”が目立つとよく指摘されています。通常のアニメなら原作に追いつきそうになるとアニメオリジナルのエピソードを入れて時間稼ぎをするものですが、ワンピースの場合、緻密な設定で伏線も張りまくられているためアニオリもそう簡単には入れられない状況です」(前出・サブカルライター)

 ロビンとブラックマリアの戦いも引き伸ばすしかなかったようだが、とはいえ映画ならR指定されそうな演出はやめたほうがよかったかもしれない。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/12/18 07:00

アニメ『ONE PIECE』、女性キャラの壮絶キャットファイトに「子どもに悪影響」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真