日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 有吉「紅白出場記事」違和感

有吉がまさか!? 元芸人が感じる「紅白出場記事」への違和感

有吉弘行、多少乱暴な口調の裏にある“優しさ”

 有吉さんは芸人界きっての恥ずかしがり屋だと先述したが、もうひとつ芸人で一番と言っても過言ではないものがある。それは「優しさ」だ。

 有吉さんといえば多少乱暴な口調で、ずけずけモノをいうイメージがあったが、今では若手芸人と共演する機会も増え、共演した若手からは「あれほどやさしい人はいない」とまで言われており、自身が苦労した分、他芸人への慈しみがとても深いのだろう。

 後輩だけではなく、先輩芸人へ対しても有吉さんは義理堅く、過去に「さまぁ~ず」さんがご自身たちのYouTubeチャンネルで有吉さんへ対してこう言っている。

「どんなちっちゃい番組でも来ちゃうから、呼んだら」
「忙しいのに合間見つけて来ちゃうから」
「だから(出演を)お願いしないようにしてる」

 薄っすらと有吉さんに対する尊敬も感じる言葉であり、先輩からここまで言ってもらえるその信頼度は本当に凄いものだ。

 有吉さんはとんでもない地獄を見た芸人のひとり。ずっと地獄にいるより、一度天国を見てそのあと地獄へ落とされた方が精神的に何倍も辛い。それ故にお世話になった先輩への恩返し、世に出ようとする若手への後押しを忘れないのだろう。

 芸人界きっての恥ずかしがり屋の一面を持ちながら、芸人で一番優しい人物、それが有吉弘行なのだ。

 天国の上島さんが有吉さんへ対して「ありがとう」と言ったとしても、ハニカミながら憎まれ口を叩く有吉さんの姿が目に浮かぶ。

 

 

檜山 豊(元お笑いコンビ・ホームチーム)

1996年お笑いコンビ「ホーム・チーム」を結成。NHK『爆笑オンエアバトル』には、ゴールドバトラーに認定された。 また、役者として『人にやさしく』(フジテレビ系)や映画『雨あがる』などに出演。2010年にコンビを解散しその後、 演劇集団「チームギンクラ」を結成。現在は舞台の脚本や番組の企画などのほか、お笑い芸人のネタ見せなども行っている。 また、企業向けセミナーで講師なども務めている。

Twitter:@@hiyama_yutaka

【劇団チーム・ギンクラ】

ひやまゆたか

最終更新:2022/12/25 21:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真