日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > サマソニライブを超速ルポ
#ショウムライター"おっさんの讃"

BE:FIRSTの世の中への浸透具合に思わずニヤリ…サマソニライブを超速ルポ

文=庄村聡泰(しょうむら・さとやす)

BE:FIRSTの世の中への浸透具合に思わずニヤリ…サマソニライブを超速ルポの画像1
BE:FIRST 公式サイトより

 先日の「SUMMER SONIC 2022」を経て、おっさんは自らに課したミッションをコンプリートする事に成功した。完遂である。お疲れ。俺。

 そのミッションとは”行きたいフェス全部行く”事であり、バンド時代からの夢ではあったものの、仕事(大体他でライブ演ってる)との兼ね合い上、そう言う訳にもいかんのであった。そりゃあこちらも演者であるので藤田まことで言う所のあたり前田のクラッカーですし私を出演させて下さったフェス、イベント、会場、その全てに心から感謝しておりますよ。

 単純に言ってしまえばフジロック、ダウンロード(メタル系のフェス)、サマソニとまあ私欲の限りを尽くしまくった訳であるのだが、フジロックでは鈴木雅之という神に謁見し(所謂vlog的なヤツを撮ってきました)、

 こちらも謁見と言う事になるだろうか。先日の記事でちらと言及した通り遂に昨日、おっさんはサマソニ2日目にてBE:FIRSTのライブを観て来たのである。

 その瞬間は実に唐突に訪れた。小雨パラつくZOZOマリンスタジアム。何のアナウンスもなく場内BGMが途切れ、一部から歓声が。何が起きたかと目を瞬かせるおっさん。”お前が振り向いた所に もう俺はいない”ではなかった。いた。サウンドチェックでまさかの本人登場だ。「Gifted.」をちょこっとだけパフォーマンス。早めに会場入っといて良かったと心の底から思う。

 サマソニMARINE STAGEのMCでお馴染みのサッシャ氏の紹介アナウンスを受け、本編は「BF is…」からのスタート。ショーの始まりを高らかに宣言するかの様な歌詞はメンバー7人とSKY-HIによるものである通称”カミナ(Coming up)”な当曲であるのだが、こちらの冒頭がMANATOによるアカペラ。野外アリーナでのアカペラの難しさ(会場の広さや風など自然環境の干渉もあり、音程がとても取りづらい)を難なく超えてくる雄弁な歌声であった。”歌のみのオープニングナンバーで勝負したい”との意図で振り付けが存在しない曲であるのだが、はっきりと分けられた歌割りで各々の歌唱を堪能出来る上、ステージを踏み締める姿が実に勇ましくもあった。

 続いて怪しげなベースラインにフィンガークラップ、そしてセクシーなフェイク。「Betrayal Game」だ。見どころが多すぎてどこを取り上げれば良いやらではあるが、JUNONの”君のその体温は正解さ “からRYUHEIの”もう少し触って”のフリーフォール的に下がるスリリングな音程の落差が決まった瞬間が特に痛快であった。

「Bye-Good-Bye」のメロウなイントロに場内から一際大きな歓声が沸き起こったのは純粋に曲への正当な評価の証と言えるだろう。世の中への浸透具合には思わずニヤリである(おっさんの気持ち悪い薄ら笑い)。

12
関連キーワード

BE:FIRSTの世の中への浸透具合に思わずニヤリ…サマソニライブを超速ルポのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

東出昌大の驚愕山小屋生活!

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真