日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > SixTONESへの信頼度
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

SixTONES「紅白トップバッター抜擢」でわかったNHKや事務所からの信頼度

SixTONES「紅白トップバッター抜擢」でわかったNHKや事務所からの信頼度の画像1
SixTONES NHK『紅白歌合戦』公式サイトより

 ジャニーズの人気グループ「SixTONES」が、大みそかのNHK『紅白歌合戦』でトップバッターを務めると一部スポーツ紙などで23日に報じられた。番組の「つかみ」となる重要なポジションで、SixTONESの業界や事務所内での信頼度の高さが浮き彫りになっている。

 22日に出場歌手の曲目が発表され、3回目の出場となるSixTONESはジェシーが主演したテレビ朝日系ドラマ『最初はパー』の主題歌でもある「Good Luck!」に決定。曲順は後日発表となっていたが、23日に一部スポーツ紙で「紅白トップバッターはSixTONES、紅組一番手は天童よしみ」と報じられた。公式発表ではないものの、ほぼ確定情報とみられる。

 これに対して、Twitter上では「SixTONESが紅白トップバッター!?大役を任されてすごい」「SixTONES、天童よしみさんと張り合うってヤバくない?」「トップバッターは歌やダンスに不安のあるアーティストには務まらないから誇らしい」などとファンが歓喜し、トレンドワードに「紅白トップバッター」が入るなど大きな反響が起きた。

 今年の『紅白』はSixTONESをはじめ、Snow Man、なにわ男子らジャニーズが6組も出場。一部で「ジャニーズ紅白」と揶揄する声もあったが、SixTONESがトップバッターを務めるとなると「NHKのジャニーズ頼み」がより鮮明になりそうだ。

「紅白のトップバッターは重要で、しっかり盛り上げて視聴者を引きつけるインパクトを残さなければならない上に、いきなり歌やダンスをミスして流れを乱すわけにはいかないので安定感が求められます。過去には浜崎あゆみさんが6年連続で紅組トップバッターを務めましたし、近年では郷ひろみさんが趣向を凝らした演出で歌唱したり、三代目J SOUL BROTHERSがダンスも大流行したヒット曲『R.Y.U.S.E.I.』を披露したり、LiSAさんがアニメ『鬼滅の刃』の主題歌を歌ったりしました。SixTONESはNHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演した松村北斗くんもいるし、何か特別な演出が期待できるかもしれませんね」(NHK関係者)

 今年の『紅白』については、各メディアが盛んに「目玉不足」を指摘している。ところがNHK局内に焦りの声はそんなに出ていないようで、前出の関係者はこう続ける。

「意外と楽観ムードで、今年も名物になっている三山ひろしさんの『けん玉ギネスチャレンジ』が決まったので視聴率は大丈夫だろうという冗談まで飛んでいますよ(笑)。出場歌手にそれほど大きなサプライズはなかったものの、今回は特別企画枠が豪華で、松任谷由実さんや28年ぶりの出場になる安全地帯、テレビ初パフォーマンスになるYOSHIKIさんやHYDEさんらが結成したTHE LAST ROCKSTARS、大物ぞろいのスペシャルバンド『桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎』など、視聴者の興味を引けそうなアーティストをブッキングすることができました。また、ネット世代の若年層ウケを意識し、IVEやLE SSERAFIMといったKーPOP勢もそろっています。ジャニーズ頼みという意味では、5人での出場が最後になるKing & Princeの注目のステージや、スペシャルナビゲーターを務める嵐の櫻井翔さんとゲスト審査員として登場する松本潤さんの『翔潤』コンビの共演もありますし、視聴率がガクンと下がるようなことはないと見ています」

 SixTONESのステージから幕が上がる今年の『紅白歌合戦』。ジャニーズパワーと粒ぞろいの特別企画によって、「目玉不足」の前評判を覆すことはできるだろうか。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2022/12/24 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed