日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『おもしろ荘』出演芸人のネタを全検証

ちゃんぴおんずは優勝でブレイク?『ぐるナイおもしろ荘』出演芸人のネタを全検証

文=馬鹿よ貴方は 新道竜巳(しんどう たつみ)

ちゃんぴおんずは優勝でブレイク?『ぐるナイおもしろ荘』出演芸人のネタを全検証の画像1
ぐるナイ おもしろ荘公式サイト」より

 今年の『ぐるナイ おもしろ荘』は、昨年優勝した「ゆめちゃん」と昨年『THE W』の決勝やおもしろ荘でも活躍した「エルフ」の荒川さんがオープニングを務めた。この時点で、昨年の女芸人さんの活躍が目立つ。

 優勝は、おもしろ荘で優勝するために組んだワタナベエンターテインメント「ちゃんぴおんず」で、順風満帆な表情を浮かべた。漫才をしながらの歌ネタで「ちょんとすんなよ~」というフレーズがすべてオチになっている。すごくテレビで映えるネタでした。

 2位は吉本興業「ナイチンゲールダンス」。これは快挙で、『M-1グランプリ2022』の3回戦でも披露していたセレクトショップの漫才を披露、有吉さんに立ち位置ルーレットをあと100個ぐらい見たいと掴みのボケが激ハマりでした。

 3位の宮武ぜんたは、近道するというネタ。「カレーを美味しく食べるための近道」では、遠回りはスパイスを調合して作る。オチが決まったら踊り、奇妙なキャラクターを演出する。門脇麦さんが「どハマりでしたね」と言っていました。こちらはネタ後のトークのときにやっていた特技、即興想像悪口。これは過去に『山-1グランプリ』でも披露しており、めちゃくちゃハマって、後に『笑ってはいけない』に出演を決めたほどのネタだったのだが、おもしろ荘ではそこまでハマらなかったのが悔しかった。

 マセキ芸能社「ひつじねいり」は、たこ焼きの作り方。こちらは『M-1グランプリ2022』の3回戦でも披露していた漫才。ネタ後、ツッコミの松村祥維さんが岡村さんと1度会った時の話をする。松村さん「アルバイトをしていたら白の高級スポーツカーでやってきて、それを停める誘導員なんですけど車高が低くて停められなかったんですよ……」「ああーあの時の!!」「そうです、そうです」「これ入れられた時ありますか、聞いてきた」「はい、で売れてる先輩に停められません、帰ってください、なんて言うのドキドキゾクゾクして、クローンたこ焼きみたいに帰っていった」「思い出した」

 ホリプロコム「まんざらでもねぇ」はコントで、保安検査場でピーと鳴って「何か持ってますか」と検査すると、いろいろな物がマジックで出てくる。こちらも過去に『M-1グランプリ』の予選で漫才としてやっていたこともあり、もの凄く面白かったです。SHOWとしての見応えと笑いが融合しているので、ずっと見ていられる。

 吉本興業「喫茶ムーン」は男女コンビ。消しゴムに名前を書いて使い切ると両想いになれるおまじないというネタ。たくさんの消しゴムを保有し、クラスの女子全員の名前を書いておくという、実際の経験からネタにしたそうです。見たことない設定のネタで凄く面白かったです。

 フリー「竹田こもちこんぶ」は4人の子供を授かっており、昨年の『THE W』の準決勝進出からお笑いライブシーンでも名前が売れてきている。TikTokでは33万人フォローがおり、育児ネタをメインで披露している。おもちゃのピストルひとつで音や特殊な演出なしのコント、Tシャツとジーパンだけで会場の爆笑を誘う、もの凄くカッコよかった。

 ケイダッシュステージ「マードック」は、冴えない男2人がバレンタインチョコを何個もらったかを争う漫才。門脇「好きですね、キャラも個性も立ってて」山本龍「うれしい、女の人に好きって言われたの初めてなんで」岡村「そういう好きじゃない」有吉「山本君は本名なの? 山本龍って言うの?」山本龍「はい」岡村「マードックの龍」と名前がカッコよすぎる事で盛り上がりました。

 吉本興業「YELLOWww」は物凄いインパクトのあるネタで、コンプライアンスをしっかり守っている配慮のあるネタでした。「俺達健康、俺達健康……」とリズミカルなフレーズを何度も言い、パラパラのリズムに乗せて「お前風邪引いたことある?」「風邪引いたことねえな」「風邪ってどうやってひくのかな?」「風邪ひいてみてえな」「ラーメン屋のトイレで9時間寝たぜ」「バッカじゃーん」「でもピンピンピン」と風邪をなかなか引かないという話をリズムに乗せて踊りながら進めていく。ネタが終わった直後に「僕ら最終オーディション滑ってあがってきてるので、ああよかった。ほんとあったかい」とテレビに出演できた喜びを言うシーンもなんかよかった。

 浅井企画「元祖いちごちゃん」は、イルカとキスしたことあるかという漫才。普段はコントをしている2人。『キングオブコント2020』準決勝でも活躍しました。ボケのハイパーペロちゃんが漫才中一度も使用しなかったポシェットに何が入っているのかという話になり、中から指輪が出てきて「いつでも結婚できるように……結婚してください」と門脇麦さんに急なプロポーズで会場を恐怖と笑いで賑わせた。最後、ちゃんぴおんずが優勝して感動して泣いている時にもらい泣きし、喫茶ムーンのヲさんも泣いていたのがより感動を誘った。今年もどの芸人が売れるが非常に楽しみです。

馬鹿よ貴方は 新道竜巳(しんどう たつみ)

サンミュージック所属のお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」 のツッコミ。コンビのネタ作りを担当するほか、お笑いに対するプロ目線の考察に定評があり、「M-1」などの大会はみずから大会を観覧して分析。自身のYouTubeやライブなどで披露する。中でも「女性芸人」研究家として、東京スポーツで連載を持っている。 YouTubeチャンネル【馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ】

Twitter:@kPXfF3Xm1jvbLMS

【サンミュージック公式】馬鹿よ貴方はプロフィール

最終更新:2023/01/08 09:00

ちゃんぴおんずは優勝でブレイク?『ぐるナイおもしろ荘』出演芸人のネタを全検証のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真