日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『マグロ』2度目の電撃移籍!

「山本さん」2度目の電撃移籍!『マグロに賭けた男たち』がParaviに移動の怪

文=木村之男

「山本さん」2度目の電撃移籍!『マグロに賭けた男たち』がParaviに移動の怪の画像1
『新マグロに賭けた男たち 2023 地獄の海で一攫千金』(Paraviより)

 年末年始には紅白歌合戦、箱根駅伝、「格付けチェック」など、高視聴率を取る名物番組がいくつもあるが、「マグロ」を楽しみにしていた人も少なくない。

 マグロの名産地である青森県の大間の漁師に密着し、壮絶なマグロ漁の様子と、それを釣り上げる男たちの生き様を紹介するスペシャル番組が毎年、年末年始に放送されてきたが、激震が走ったのは昨年冬のことだ。

 マグロ漁師を追う“マグロ番組”をやってきたのはテレビ朝日とテレビ東京の2社。それぞれ『マグロに賭けた男たち』(テレビ朝日)、『巨大マグロ戦争』(テレビ東京)という番組名で長らく放送され、キャラの濃ゆい漁師たちが登場してきたが、『マグロに賭けた男たち』が突如、テレビ東京に電撃移籍したのだ。

「『マグロに賭けた男たち』は20年近く続く番組で、過去には20%近くの視聴率を取ったこともある大ヒット企画。2020年には大みそかに放送されていて、テレビ朝日のキラーコンテンツだと思われていましたし、人気番組の局移動は極めて異例で、謎は深まるばかりでした。しかも、番組名は『新』を付けただけで、制作会社やナレーションも同じ。さらに、テレビ東京は別のマグロ番組も持っているので、真意を測りかねていたのですが……」(週刊誌記者)

 そんななか、テレビ東京は“マグロ番組が2つ”という問題に1つの結論を出す。

 これまでテレビ東京で放送してきた『巨大マグロ戦争』は今年1月8日に地上波で放送されたが、テレビ朝日から移籍してきた『マグロに賭けた男たち』は動画配信サービスParavi(パラビ)へ移動。同番組が生んだ大スター、“3年間マグロが釣れなかった男”でおなじみの「山本さん」は、無料では見られなくなってしまったのだ。

2つの番組を混同している人は多く、『巨大マグロ戦争』放送時、ネットには、

「マグロの山本さんはもう出ないの?見たいなぁ山本さん…」
「マグロの番組めっちゃ楽しみにしてたのに調べてみたら山本さん出ない方の番組だった…」
「マグロシリーズに、山本さんが出てこないんだけど、2つマグロ番組あるわけるわけ?」

 と、落胆の声が殺到。また、

「山本さん毎年楽しみにしてたのに なぜParaviに」
「マグロの山本さんは今年Paraviで配信らしい…地上波でやってくれ」
「山本さん出るやつは有料配信なんだってね…もう私は山本さんに会うことはないのね」

 といったコメントも寄せられた。これについて、キー局関係者はこう推測する。

「テレビ朝日からテレビ東京への移籍の理由は不可解でしたが、Paravi配信でようやく狙いが見えてきました。まず『マグロに賭けた男たち』は近年、たしかに視聴率が落ちていた。マグロ漁密着は時間もかかるし危険で、制作費もかなりかかる。そのうえ放送時間も最低2時間は必要なので、テレビ朝日は持て余していたのかもしれません。

 しかし、『マグロに賭けた男たち』には山本さんというキャラが立った人物がおり、熱心なファンがいるので、有料配信サービスを展開するテレビ東京には魅力的だったということではないでしょうか。配信であれば放送時間の制約はなく、ディープなファンに向けてより細かな情報も発信できます。ただ、お正月にテレビでダラダラと見るからこそいいコンテンツだったのも事実で、成否がわかるのはもう少し先のことでしょう」(キー局関係者)

 テレビ東京が釣り上げたのは大マグロだったのか。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2023/01/22 06:00

「山本さん」2度目の電撃移籍!『マグロに賭けた男たち』がParaviに移動の怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真