日刊サイゾー トップ > 社会  > 3大珍味キャビアで驚きの発見

マグロ養殖で名を馳せた近畿大がまた! 今度は3大珍味キャビアで驚きの発見

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

マグロ養殖で名を馳せた近畿大がまた! 今度は3大珍味キャビアで驚きの発見の画像1

 世界の“3大珍味”に例えられるキャビア、フォアグラ、トリュフ。その高級食材キャビアが安価で食べることができるようになるかも知れない。マグロの養殖などで有名な近畿大学の水産研究所は9月28日、世界で初めて「メスしか生まない“超メス”」の存在を証明したと発表した。https://kindaipicks.com/article/002542

 キャビアはチョウザメの卵巣をほぐしたものの塩漬け。チョウザメは、メスとオスが1:1で存在し、外見では雌雄を見分けることができない。このため、キャビアを生産するための養殖では、生殖腺が発達して性別が判断できるようになるまでの数年間、キャビアの生産できないオスも飼育するしかなく、生産効率が大きな課題となっている。

 今回、研究グループはメスの単性養殖の実現(全メス生産)をゴールとして、雌性発生による超メスの作出に取り組んだ。

 多くの生物は、父親由来・母親由来の2セットの染色体を持って生まれてくる。チョウザメの性を決定する染色体はZとWで表わされ、Z染色体だけを持つオス(ZZ)と、Z及びW染色体を持つメス(ZW)が存在すると考えられている。

 これは、メス由来の遺伝情報のみから個体を発生させる「雌性発生」により生まれたチョウザメの中には、W染色体だけを持つ超メス(WW)が存在することを示唆しているが、その存在は証明されていなかった。

 そこで、研究チームはチョウザメのオスとメスから採卵・採精し、精子に紫外線を照射し、受精能を有したままオス親由来の染色体(遺伝情報)を破壊する精子の紫外線(UV)処理と、受精卵を温水に漬け、メス親由来の染色体(遺伝情報)を倍化させる受精卵の温度処理を行った。

 これを組み合わせたチョウザメを継続飼育して生残率を算出するとともに、チョウザメの全ゲノム情報を基にオス、メスそれぞれに特異的なDNA配列を同時に検出するPCR検査法により遺伝型を判別する方法を開発した。この結果、W染色体だけを持つ超メスの作出・判別することに世界で初めて成功した。

 これまで研究チームはチョウザメ稚魚の鰓粘液(えらねんえき) を用いた雌雄判別を可能しており、3月にはチョウザメのオス稚魚を大豆イソフラボンの配合飼料で養殖することで、メス化させることに成功している。

 この実験ではサプリメントとしても市販されている大豆イソフラボンの成分「ゲニステイン」を配合したえさを、配合量を変えて3つの稚魚グループに180日間与えた。その結果、最も多く配合したグループでは8尾中8尾が卵巣を持っており、そのうち5尾は遺伝的にはオスだったことから、メス化したことが判明した。このように大豆イソフラボンを与えて全メス化に成功したのは日本初だった。

 このように、研究グループではチョウザメのオス・メスの判別法、オス稚魚のメス化、さらには今回のW染色体だけを持ち。メスしか生まない超メスの発見と、研究を進めている。

 オス稚魚のメス化、あるいは超メスを選別し親魚まで育成して採卵することができれば、採卵から養殖できる稚魚はすべてがメスとなるため、養殖によるチョウザメのキャビア生産の効率は飛躍的によくなり、さらに大量のキャビアが生産できるようになれば、“高級食材”であるキャビアが、庶民が手軽に食べることができるようになるかも知れない。

 先行しているマグロの完全養殖である近大マグロも、まだまだ、庶民が安価で食べられるような状況にまでは至っていないものの、同大水産研究所の様々な取り組みが実を結び、安価にマグロやキャビアを食べれるようになることを期待したい。

 

 

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2022/10/31 09:00
関連キーワード

マグロ養殖で名を馳せた近畿大がまた! 今度は3大珍味キャビアで驚きの発見のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真