日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 赤羽vs十条購入ならどっち!?
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(赤羽&十条編)

赤羽VS十条を徹底比較! 実際にマンションを購入するならどっち!?

赤羽VS十条を徹底比較! 実際にマンションを購入するならどっち!?の画像1
赤羽駅前の様子

 過去3年間、都内を中心に再開発地域のマンション価格や人口、乗降客数の推移を見てきました。

 2022年の暮れにはいよいよ日銀の方針修正だけでなく、18歳までの子どもに月5,000円程度の給付検討もあり、今後も東京は買っていいマンションとそうでないマンションの選別が進みそうです。

 購入を検討するお客さまにマンションの良し悪しを説明する際、『実際にマンションを購入するなら、他の地域』と比較して、どうなっているか?

 すなわち、価格の高い安いは他地域や過去との比較で判断するのが最も良いと分かってきました。

 ここからは2つの地域をピックアップして、マンション選びに大切なポイントを比較していこうと思います。

 今回は共に再開発が続く、赤羽十条のデータを整理し、その将来性を見ていこうと思います。

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed