日刊サイゾー トップ > エンタメ > YouTuber  > ガーシー議員が激怒!

宮迫博之のワイドショーに、ガーシー議員が激怒! 場外バトルも狙い?

宮迫博之のワイドショーに、ガーシー議員が激怒! 場外バトルも狙い?の画像1
『宮迫博之のサコるニュース』宮迫博之 公式YouTubeチャンネルより

 タレント・宮迫博之のYouTubeチャンネルで今月、生配信ワイドショー番組『宮迫博之のサコるニュース』がスタート。視聴者から「予想以上に面白かった」「毎日でも見たい」と好意的なコメントが寄せられているが、一方で“場外バトル”も起きているようだ。

 この『宮迫博之のサコるニュース』は、テレビで放送されているワイドショーにかねてより違和感を覚えていた宮迫が、「生放送で、本当の一般の声も同時に聞けるようなワイドショーをやりたい」との思いでスタートさせたネット番組。

 毎週火曜と木曜の昼帯には商店街から生中継を行い、金曜の夜には屋内で1週間のニュースを振り返るという異例の内容で、番組開始前には『マネーの虎』(日本テレビ系)をフォーマットとしたYouTubeチャンネル『令和の虎CHANNEL』に宮迫が出演し、同ワイドショーの制作費1,500万円をつかみ取っていた。

 第1回が配信された2月16日には、宮迫に加え、実業家・堀江貴文氏とメンタリスト・DaiGoがゲストコメンテーターとして出演。2人は東京都板橋区にある「ハッピーロード大山商店街」の和菓子店の店先から中継を行い、「ルフィ」を指示役とする広域連続強盗事件や、急拡大しているAIチャットサービス「ChatGPT」などについて取り上げた。なお、初回の同時視聴は約7000人で、アーカイブは21日現在19万回再生を数えている。

 さらに、17日配信の第2回のゲストに竹田恒泰氏、21日配信の第3回に千原せいじとたかまつなな氏をコメンテーターに据えた同番組だが、ネット上では「勉強になる」「面白いゲストばかり」などと称賛コメントも目立つ。

 ただ、宮迫が見どころとしている“一般人への生インタビュー”には課題が多いようにも見える。実際、初回で宮迫が和菓子屋の店主に「ルフィの事件知ってます?」と質問すると、店主が「知らない」「ほとんどそういうもの見ない」と返答しており、わざわざ商店街から中継する意味はさほど感じられなかった。

 また、初回放送後、宮迫に対して「ガーシーが怒ってますよ!」という報告が相次いでいる。

 というのも、初回でNHK党のガーシー参院議員(東谷義和氏)が「綾野剛から告訴されている」と発言したニュースを取り上げた際、DaiGoが「(ガーシーが綾野を)叩いたところで、ドバイに逃げて帰ってこれない元詐欺師のオッサンとかにできることはないわけで。必死なんでしょうね、相手してもらえなくて。だって下火になっちゃったじゃないですか。誰も相手してくれないから」などと発言。

 これをガーシー議員が視聴したようで、自身のネット配信でDaiGoに対し「お前、コラ、わかってんのか、人のこと」「お前こそ、一番面と面向かって目そらすタイプやろ」などと怒りをぶちまけたほか、なぜか宮迫に対しても「宮迫さんにもね、その(怒る)気持ちはあるし」「あんたのこと知らんと思ってんのか?」「ケンカ売ってくれてもかまへん」などとすごんだのだ。

 しかし、最近の宮迫のチャンネルは、一時期に比べて再生数が落ち込んでおり、ネットニュースに取り上げられる機会も減っている。今回のような“場外バトル”や、ゲストの発言に批判が飛び交う事態は、同ワイドショーの“狙い通り”であるのかもしれない。

 21日までに3回が配信され、早くも“固定ファン”がついている様子の『宮迫博之のサコるニュース』。滑り出しは好調といえそうだが、番組に新鮮味がなくなってからが本当の勝負ともいえそうだ。

 

 

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/02/22 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed