日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『インフォーマ』対談・沖田臥竜×佐野玲於

『インフォーマ』対談・沖田臥竜×佐野玲於…最高の相棒「ポンコツ2号」が見せた存在感

当サイト激オシのドラマ『インフォーマ』(関西テレビ)もいよいよ終盤戦に突入する。迫力あるバイオレンス描写や謎が謎を呼ぶミステリアスなストーリー展開が圧倒的な支持を得ている同作で、“情報屋”木原慶次郎(桐谷健太さん)の相方を演じているのが、GENERATIONSの佐野玲於さん。「ポンコツ2号」と呼ばれるヘタレな週刊誌記者・三島寛治役で絶妙な味を出しながら、物語の推進役である重要な役どころを務めている。
そんな佐野さんと、『インフォーマ』の原作・監修を務める小説家の沖田臥竜さんが対談。「桐谷さんとの相性ぴったり」と、佐野さんの存在感に太鼓判を押す沖田さん。「原作者の方が撮影現場まで来て、ドラマ作りに参加されているのは新鮮だった」と、沖田さんのモノづくりのスタンスに感動したという佐野さん。そんな2人が『インフォーマ』の舞台裏を語り合った――。

監督からの直接のオファーに「僕でよければ、ぜひ」

沖田 『インフォーマ』の構想は、藤井道人総監督と2年前に練り始めて、ドラマ化の企画立ち上げの段階から、佐野さんの名前が挙がっていました。

佐野 僕は昨年春に藤井監督に「近々、会えませんか?」と声をかけてもらい、2人で食事しながら、作品の内容を教えてもらい、出演オファーをいただきました。『インフォーマ』の話を聞いているだけで、すぐにいろんな場面の情景が浮かんで、わくわくして「僕でよければ、ぜひ参加させてください」と応えたんです。

沖田 初めて現場で佐野さんの芝居を拝見させてもらったら、桐谷さんと相性ぴったり。声や佇まいという雰囲気もよかった。この前やらせてもらった桐谷さんとの対談でも言ったのですが、『インフォーマ』では、自分の中では、黒川博行さんの『破門』シリーズを越えたかった。ドラマ化された『破門』での北村一輝さんと濱田岳さんコンビも素晴らしかったけど、桐谷さん、佐野さんのバディはそれを越えると思いました。佐野さんのお芝居では、怖くて逃げ出したくなる場面に次々と遭遇するけど、最後は漢気を出すという週刊誌記者の三島そのものが、目の前で表現されてましたから。佐野さん自身が本当に「ポンコツ」ってあだ名にハマっていて、当初イメージしていた三島を上回る、いい味のキャラクターになった感じがしました。それもこれも、佐野さんの演技力の賜物です。

佐野 ありがたいことに、普段自分のことを応援してくれているファンの方たちが、「GENERATIONSのステージで踊っている姿とはまったくの別人! 本当にポンコツ(笑)」って、楽しんで見てくれています。毎週やっているラジオにも感想メールがたくさん届く。それらを見ると、作品のテーマ性を理解してくれながらもエンタメとしてちゃんと楽しんでくれている方がたくさんいる印象です。また同時にNetflixの配信もあって、音楽やファッション業界、いろんなクリエイターの方々からも「見てるよ、おもしろい」と連絡をいただいています。普段はテレビドラマを見ていない人たちにまで届いている実感があって、うれしいです。

佐野さんの「ポンコツ」からの成長ぶりも見どころ(写真提供=カンテレ)

 先日はチョコレートプラネットのお二人とお仕事でご一緒したのですが、「毎週、Netflixで見ていますよ、めちゃめちゃおもしろいですね」って言ってくださいました。LDHの事務所の先輩方もみんな見てくださっていて、「あれはオレも出たかったわ~」って、出たがっている方々がたくさん(笑)。すごい誇らしくてうれしい気持ちになりました。

沖田 今回は、私もいろんなところで感想を聞いています。特に私の地元・尼崎からは『ムショぼけ』に続いてということもあり、その反応の良さは肌感としてすごく感じています。

――沖田さんは監修者としても撮影現場に顔を出し、いい作品にしようと積極的にディレクションされていたそうですね。

佐野 そういうのって、僕にとっても新しい経験でした。沖田さん自身が、いろんなスタッフさんとやりとりされている姿を見かけて、「これで作品の精度が上がっていくんだ」と納得しました。制作した方々の思いが細部にまで行き届いているから、これだけおもしろいドラマになっているんだと思います。

沖田 もちろん、大前提は監督や俳優の方々のこだわりは重視していて、ここは(原作の世界観と全然違う)ってところだけは、フォローやアドバイスできたらというスタンスでしたよ。お互いに情熱を持って作り上げてきているからこその意見交換だったりするわけです。それよりも、自分が考えて書いたセリフを、佐野さんや桐谷さん、森田剛さんらが、生きる言葉としてしゃべってくれている場面を見ることができるのは、書き手としてすごく誉れがある瞬間でした。そこには、毎回感動していました。佐野さんと桐谷さんのバティについては、編集チェックのときに「映画版『ドラえもん』のジャイアンとスネ夫みたいだな」と。映画版だけでジャイアンが漢気を見せたり、スネ夫が勇気を持って「僕が行くよ」みたいな感じになる瞬間があるじゃないですか。そこがジワっと感動するんだけど、2人の芝居からもそういう瞬間があって、とてもよかったです。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真