平野紫耀は干されない いよいよジャニーズ退所もテレビ出演は安泰のワケ

平野紫耀は干されない いよいよジャニーズ退所もテレビ出演は安泰のワケの画像1
平野紫耀

 人気絶頂でメンバー3人が脱退し、ついに“分裂”することになるジャニーズのアイドルグループ・King & Prince(以下、キンプリ)。5月22日の脱退日に、平野紫耀と神宮寺勇太はジャニーズ事務所も退所。残る岸優太は、もとから決まっていた映画の仕事が一段落すると言われる今年秋頃を目処に、事務所を退所すると言われる。

 今後、キンプリを抜ける3人がジャニーズ事務所の圧力で“干される”のではないかと心配するファンも多い。

「有料FCで見られる動画は、5月22日をもって即削除すると告知されている。5人で歩んできた足跡が次々と消され、ファンは激怒を超えて『金を返せ』とSNSなどで悲痛な叫びを上げています。事務所がこういった無慈悲な仕打ちをしているので、キンプリを脱退する3人の行く末を心配するファンは多い。特に、脱退日に退所もする平野と神宮寺は、もう2度とメディアで姿を見ることができなくなるのではないかと不安になっているファンも多くいるようです」(スポーツ紙記者)

 手越祐也をはじめ、錦戸亮や渋谷すばるなど、ここ数年でも一部の“辞めジャニ”はテレビや雑誌から締め出しを受けている。ジャニーズ事務所を辞めるアイドルには苦難の道が待っていることは窺える。

 でも、今回のキンプリ分裂騒動においては、辞めていくメンバーがメディアから干される可能性は低いかもしれない、という。

「ジャニーズ事務所はもっか、創業者のジャニー喜多川氏による性加害騒動で追い込まれている。このタイミングで事務所を去る平野や神宮寺が不自然なほどにメディアに出なくなったら、ジャニーズが“圧力”をかけたと週刊誌やファンが騒ぐのは火を見るより明らか。そこでジャニーズは、テレビ局に“ジャニーズタレントとの共演はNG”という条件だけ提示するようです。ただ、退所後でもどういった形で平野や神宮寺を起用するかは、念のためジャニーズ事務所に確認を取ってほしいと要請するようです」(テレビ局関係者)

 一方で、これまでも、山下智久や中居正広などジャニーズ事務所を退所、独立しながらも、メディアに出続けているタレントは少ないながらも存在している。

「中居の場合は、彼の個人事務所の会計やマネージャーにジャニーズのスタッフが数名派遣されているという話。山下の場合も、国内での活動の際は、ジャニーズ事務所から斡旋された仕事も受けているようです。平野や神宮寺も独立後は、山下と同じように、ジャニーズと一部では“いい関係”を維持しながら活動を続けていくつもりのようです。個人事務所を立ち上げるにしても、芸能事務所に所属するにしても、古巣とは“共闘”の形を取るということでは」(民放関係者)

 ファンからすれば、平野たちがテレビや雑誌を干されないとなれば一安心だろう。しかも、平野に関しては、キンプリ時代より仕事が増える可能性も囁かれている。

「民間の会社が提供する『タレントパワーランキング』というデータで、気になる結果が発表されました。『F1層(20~34歳女性)の支持が特に高い男性タレントBEST10』という最新データが4月末に発表され、平野がダントツで1位に輝いたんです。このランキングは、広告代理店やテレビ局のスタッフも参考にしているもの。テレビ局は、コア視聴率と呼ばれる13歳~49歳の視聴者獲得に熱心ですが、最もほしいのが購買意欲もあるF1層です。その層に人気がある平野は、各局がぜひとも使いたいタレントなんです」(同上)

 とはいえ、辞めたばかりの平野に大活躍されたら、ジャニーズ事務所としては在籍しているタレントに示しがつかないし、沽券に関わる。そこで、平野については異例の“措置”が取られそうだと言われている。

「各局には、“良識ある範囲”で平野を起用してほしいと打診しているようです(苦笑)。あからさまに干すわけではないですが、テレビ局に裏で指示をしながら、平野の活躍をコントロールするつもりのようですね。平野はそういった裏事情を知っているので、当面は芸能事務所に所属せず、個人事務所でゆったりと仕事をしていくつもりのようです」(同上)

 これまでなら、ド直球で平野と神宮寺をメディアから干していたであろうジャニーズ事務所。しかし、全世界的に問題視されている性加害騒動という爆弾を抱え、そのパワーも衰えているだけに、無茶はできないようだ。

 なんとも絶妙なタイミングで事務所を退所することになった平野と神宮寺。キンプリを辞めてからも、大活躍してくれることに期待したい。

小林真一(フリーライター)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

こばやししんいち

最終更新:2023/05/11 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed