日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 盛大に音程を外した“超大物歌手”とは? 

『FNS歌謡祭 夏』で、盛大に音程を外した“超大物歌手”とは? 

『FNS歌謡祭 夏』で、盛大に音程を外した超大物歌手とは? の画像1
フジテレビ『2023 FNS歌謡祭 夏』公式サイトより

 7月12日放送の音楽特番『2023 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)では、デビュー55周年を迎えた歌手・和田アキ子と4人組ダンスボーカルユニット・新しい学校のリーダーズがコラボパフォーマンスを披露。同グループの大ヒット曲「オトナブルー」の歌唱中、和田が音程を外し続ける場面があった。

 歌唱前、「ド緊張」していると語る和田をよそに、「緊張はしてないです」と余裕を見せたSUZUKA。彼女は「レコーディングの時に和田アキ子様の画像を見ながら歌ったんですね。インスパイアさせていただいて、実際、声を重ねることができるということが、とてもうれしいです」と今回の初コラボを喜んだ。

 パフォーマンスでは、和田の1974年リリースの楽曲「古い日記」と「オトナブルー」のマッシュアップに加え、和田の代表曲「笑って許して」を披露。

 しかし、「オトナブルー」のサビを担当した和田が音程を外したまま歌い続けたため、以降は実際よりも低いキーで歌い続ける展開に。そのためバックバンドの生演奏や、新しい学校のリーダーズのメンバーとのハモリにもズレが生じ、音程はグチャグチャになってしまった。

 また、SUZUKAは音を外した和田に恥をかかせないためか、咄嗟に和田の音程に合わせ、「オトナブルー」を最後まで低めのキーで歌いきることに。

 この様子に、ネット上では「SUZUKAが和田アキ子に合わせてるせいで、音程ぐちゃぐちゃやん」というツッコミのほか、「和田アキ子がサビで音を外した時ヒヤッとしたけど、SUZUKAよく合わせたな。さすがプロ」「明らかにアッコがミスってるのに、自分が合わせにいくSUZUKAさすが」とSUZUKAへの賛辞も続出。

 同時に、「和田アキ子って力強い声が素敵なんだけど、年々音程が不安定になってる気がする」「アッコさんって悲しいかな、だんだん歌が下手になってるよね」という意見も見られる。

 とはいえ、「古い日記」と「オトナブルー」のマッシュアップは「マジでかっこよかった!」「いいもの見た」と概ね好評で、企画自体は多くのファンを喜ばせたようだ。

 和田といえば、『NHK紅白歌合戦』の常連歌手であったが、“40回目の出場”となるはずだった2016年に落選。『紅白』に並々ならぬ思いがある和田は当時、「毎日泣いた」「今回は(紅白を)見たくない」とメディアでショックを露わにしていた。

 その後、21年に配信リリースした「YONA YONA DANCE」がTikTokでバズり、『紅白』への“返り咲き”が期待されたが、残念ながら叶わず……。

 今回の『FNS歌謡祭 夏』への出演は、最近の和田にとっては大きな晴れ舞台であったが、結果として“歌唱力低下疑惑”を浮上させてしまったようだ。

 “異色コラボ”の緊張からか、はたまた練習不足か、盛大に音程を外してしまった和田。今年の“『紅白』復活”は望めるだろうか……。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/07/14 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真