日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 霜月るな『松本人志擁護本』の中身とは?

霜月るな『松本人志擁護本』の中身とは? Xでは執筆者が名乗り「初めて週刊文春を拝読しました」

霜月るな『松本人志擁護本』の中身とは? Xでは執筆者が名乗り「初めて週刊文春を拝読しました」の画像1
ダウンタウン・松本人志

 ダウンタウンの松本人志が芸能活動を休止してから、もうすぐ半年がたとうとしている。3月25日に公開した声明を最後に松本が沈黙を続ける中、“ホテル飲み会”参加者のセクシー女優・霜月るなが暴露本を出版した。

 霜月は2月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が元グラビアアイドル・J子さんの証言を掲載した際、文中に「ギャルっぽいAV女優」として登場した人物。

 記事に実名はなかったが、3月3日に霜月がXで自ら名乗りを上げ、「嘘だらけの記事」「充分楽しめた普通にむっちゃ楽しい飲み会でした。あんなデタラメな記事を見たら私も黙ってられないし私は松本人志さんが大好きやし、これからも活躍してほしいし救いたいし」と反論し、注目された。

 そんな霜月は、5月6日に突然「S-Liam & 霜月るな」名義で楽曲「Waiting For You」をリリース。どうやら、活動休止中の松本への応援ソングのようで、楽曲紹介文によると「今話題となっている大御所芸人のスキャンダルと、それを事実無根としてSNS等で声明を出している“霜月るな”の大御所芸人に対する思いを楽曲に落とし込んだ一曲」だとか。

Xで執筆者が名乗り「初めて週刊文春を拝読しました」

 さらに、霜月は同27日より暴露本『るな砲イキます なぜ私があのホテルにいたか』を電子書籍として1,980円で発売開始。

 霜月のグラビアとともに、主に松本を擁護するような内容となっており、Amazonの説明には「セクシー女優 霜月るながダウンタウン松本氏らとの飲み会に実際に参加した立場から事実を赤裸々に綴った衝撃作。週間文春記者による立証根拠の謎」(原文ママ)「悪質な誹謗・中傷を受け体調を崩しながらも事実を伝えたい一心で書き下ろした一冊」とある。

 さらに、X上では同書の執筆を担当したという人物が名乗りを上げており、「今回、表紙とライティングを担当させていただくにあたり、初めて週刊文春を拝読しました」などと投稿している。

 なお、『るな砲イキます なぜ私があのホテルにいたか』は30日現在、Amazonの「マスメディア(Kindleストア)」カテゴリで1位、「タレント本(Kindleストア)」で3位を記録。

 霜月も「有難い事に、、今1位になってます」とこの反響をXで喜んでおり、「飲み会に参加した私にしか分からない事実。私が辛くて苦しんだ事も沢山書いてます。1日でも早く松本さんが復活できたらいいな。私は心からそう願ってます」と松本にエールを送っている。

「松ちゃんや吉本興業の許可取ったのかな」との声も

 また、霜月のXには「買わせて頂きました。応援してます!」「早速、購入しましたよ。じっくり読ませて頂きます」といった購入報告が続々と寄せられているようだが、一方で「松ちゃんや吉本興業は承諾してるのかな」と疑問の声や、「結局、ビジネスにしてるやん」といった指摘も見られる。

 しかし、霜月は「金儲けとか書いてる人いるやん?いや、本を出版するの無料じゃないんですよ」「これも自分の意思で出版してます。更に色々な方が寝る暇もなく必死に協力して下さって完成したんです」と反論しており、そんな彼女を支持するファンも少なくないようだ。

 30日午後2時現在、松本がXでこの電子書籍を宣伝している様子はないが、今頃「擁護してくれてありがたい」と感じているのだろうか。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2024/05/30 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed