イチオシ企画

キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を批評する不定期連載
写真

特集

吉澤ひとみ、芸能界追放も…

飲酒ひき逃げに情状酌量の余地なし!?どうなるよっすぃ?
写真

人気連載

90年代を再び……「宝島30」(下)

 考えてみれば、1990年代というのは奇妙な...…
写真

ドラマレビュー

『サバ婚』物語が台無しの瀬戸際に

 15日放送の波瑠主演『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)第9話の視聴率は、...…
写真


 >  >   > ロンブー淳の「不気味なる奔放」テレビ朝日『ロンドンハーツ』が嫌われる理由
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第33回

ロンブー淳の「不気味なる奔放」テレビ朝日『ロンドンハーツ』が嫌われる理由

rondonhearts.jpg『ロンドンハーツ』テレビ朝日

 5月13日、社団法人・日本PTA全国協議会は「子どもに見せたくないテレビ番組」のアンケート調査で、テレビ朝日の『ロンドンハーツ』が6年連続で首位になったと発表した。ロンドンブーツ1号2号が司会を務める『ロンドンハーツ』は、今ではすっかり「日本一の有害番組」の地位を確立した感がある。

 それにしても、この番組のどこがそんなに問題視されているのだろうか。アンケート調査では、その理由として「内容がばかばかしい」「言葉が乱暴である」「常識やモラルを極端に逸脱している」といったことが挙げられていた。だが、それらの条件に当てはまるバラエティ番組ならほかにもあるし、この番組だけが突出して下品だったり暴力的だったりするわけでもない。

 恐らく、『ロンドンハーツ』がPTAに嫌われている最大の理由は、この番組が芸人・田村淳の本性が最も露骨に出ている番組だという点にある。いわば彼らは、田村淳というつかみどころのない新世代芸人の存在そのものを恐れているのである。

 田村淳は、デビュー当初から明らかに異彩を放っていた。ロンブーを初めてテレビで見たときの衝撃は今でも忘れられない。彼らは、「芸人とはこうあるべきだ」といった不文律に一切縛られていないという点で、明らかに他の若手芸人とは一線を画していた。素人女性の浮気調査をする「ガサ入れ」という企画では、ごく普通のモテる男のような態度で若い女性と接していた。芸人がそうやって肩の力を抜いて「普通」にふるまっているということが、何よりも驚きだったのである。

 お笑い芸人は、「豪快で無神経」か、「内気で繊細」か、いずれかのタイプに分けられるというのがそれまでの一般的なイメージだった。だが、淳はそのどちらにも当てはまらなかった。彼は、人の心を土足で踏みにじる大胆さを持ちながらも、相手を本気で不愉快にさせない絶妙のバランス感覚も備えていた。いわば、「無神経」と「繊細」のおいしいところ取りで、従来の芸人にはなかった新しいキャラクターを打ち出して、異例のスピード出世を果たしたのである。

 一言で言えば、淳は身も蓋もない男である。お笑い芸人という特殊な仕事にありながら、彼には屈折したところが一切なく、持ち前の勘の良さだけでやりたいことを淡々とやっている。嫉妬心や劣等感といった負の感情を原動力とせずに、ただ純粋に「売れたい」「モテたい」「面白いことをしたい」という気持ちだけで動いている。自分を必要以上に良く見せようとはしないし、変に自意識過剰になって卑屈な態度を取ることもない。彼はただ思うがままに意地悪なドッキリ企画を手がけ、数々の女性タレントと浮き名を流してきた。

 恐らく、その点こそが、PTAのような「マジメな大人たち」が淳を恐れる最大の理由だ。身も蓋もない人間は、本人としてはただ気の向くままに行動しているだけだと思っている。だが、そんな彼の姿は、善良な一般人から見ると不気味で仕方がない。

 普通の人間は、世の中で生きているうちに、遠慮したり妥協したり挫折したりといった経験を経て、最低限の社会性を身につけていき、それを無意識のうちに他人にも期待するようになる。彼らは、本音をさらけ出してのびのびと楽しそうに生きている人間を見ると、理解不能なものを見せつけられた感じがして、底知れぬ不安を覚えるのだ。

 淳のこういった身も蓋もなさは、ある意味では、元・ライブドア社長の堀江貴文、元・2ちゃんねる管理人のひろゆき(西村博之)といった人々にも共通するものだ。堀江は秩序を乱す反乱者として容赦ない社会的制裁を受けたし、法律を無視して「賠償金は払わない」と公言しているひろゆきを危険分子として目の敵にしている人も多いだろう。

 ロンブーが圧倒的に売れた理由は、淳が徹底して身も蓋もない新しいタイプの芸人だったからだ。『ロンドンハーツ』の「見せたくない番組」6年連続ナンバーワンという調査結果は、田村淳の常人離れした得体の知れなさを示す勲章のようなものである。
(お笑い評論家/ラリー遠田)

konogeininwomiyo.jpg
●「この芸人を見よ!」書籍化のお知らせ

日刊サイゾーで連載されている、お笑い評論家・ラリー遠田の「この芸人を見よ!」が書籍化、11月30日に発売されました。ビートたけし、明石家さんま、タモリら大御所から、オードリー、はんにゃ、ジャルジャルなどの超若手まで、鋭い批評眼と深すぎる”お笑い愛”で綴られたコラムを全編加筆修正。さらに、「ゼロ年代のお笑い史」を総決算や「M-1グランプリ」の進化を徹底分析など、盛りだくさんの内容です。手元に置いておくだけで、お笑いを見るのがもっと楽しくなる。そして、お笑い芸人を通して現代が見えてくる。そんな新時代の”お笑い批評”をお楽しみください。

ロンドンハーツ魔性恋愛図鑑

デビュー以来、まったくイメージの変わらない2人。

amazon_associate_logo.jpg

●イベントのお知らせ
お笑い評論家・ラリー遠田presents
「第1回お笑いトークラリー」
【日時】7月2日(木) OPEN18:30/START19:30
【会場】新宿ロフトプラスワン
【出演】ラリー遠田、織田聡史
【MC】業務用菩薩
【Guest】大谷ノブ彦(ダイノジ)
予約/当日¥1500(共に飲食代別)
※予約はロフトプラスワン予約フォームにて受付中
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/reservation/
※当日『PLANETS vol.6』持参の方は入場料¥500オフ!!

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第32回】柳原可奈子 が切り拓くお笑い男女平等社会「女は笑いに向いているか?」
【第31回】松本人志 結婚発表で突如訪れたカリスマの「幼年期の終わり」
【第30回】はんにゃ アイドル人気を裏打ちする「喜劇人としての身体能力」
【第29回】ビートたけし が放った『FAMOSO』は新世紀版「たけしの挑戦状」か
【第28回】NON STYLE M-1王者が手にした「もうひとつの称号」とは
【第27回】ダチョウ倶楽部・上島竜兵 が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」
【第26回】品川祐 人気者なのに愛されない芸人の「がむしゃらなリアル」
【第25回】タモリ アコムCM出演で失望? 既存イメージと「タモリ的なるもの」
【第24回】ケンドーコバヤシ 「時代が追いついてきた」彼がすべらない3つの理由
【第23回】カンニング竹山 「理由なき怒りの刃」を収めた先に見る未来
【第22回】ナイツ 「星を継ぐ者」古臭さを武器に変えた浅草最強の新世代
【第21回】立川談志 孤高の家元が歩み続ける「死にぞこないの夢」の中
【第20回】バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性
【第19回】劇団ひとり 結婚会見に垣間見た芸人の「フェイクとリアル」
【第18回】オードリー 挫折の末に磨き上げた「春日」その比類なき存在
【第17回】千原兄弟 東京進出13年目 「真のブレイク」とは
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

【関連記事】  鳥居みゆき激白「人が死ぬコントは”生への願望”なんです」
【関連記事】 「誰も知らなかった『R-1』ファイナリスト」鬼頭真也の素顔
【関連記事】 キングオブコメディ 今すべての『誤解』を解く!?

こんな記事も読まれています
関連リンク

ロンブー淳の「不気味なる奔放」テレビ朝日『ロンドンハーツ』が嫌われる理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

この世界の片隅に

TBS/日曜21:00~

アニメ超え? あの名作が日曜劇場に

この世界の片隅に

ゼロ一獲千金ゲーム

日本テレビ/日曜22:30~

加藤シゲアキが福本伸行の世界に

ゼロ一獲千金ゲーム

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

フジテレビ/月曜21:00~

Season3は上戸彩ナシで大丈夫!?

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

健康で文化的な最低限度の生活

フジテレビ/火曜21:00~

吉岡里帆が“新人公務員”になって大奮闘!

健康で文化的な最低限度の生活

義母と娘のブルース

TBS/火曜22:00~

綾瀬はるかが“母親”に就職する!?

義母と娘のブルース

高嶺の花

日本テレビ/水曜22:00~

“高嶺の花”石原さとみが峯田和幸と出会い…

高嶺の花

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

テレビ朝日/日曜9:30~

いま、特撮が熱い!?

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

グッド・ドクター

フジテレビ/木曜22:00~

今期の山崎賢人は心優しい小児科医

グッド・ドクター

チア☆ダン

TBS/金曜22:00~

土屋太鳳のチア姿に萌える!?

チア☆ダン

サバイバル・ウェディング

日本テレビ/土曜22:00~

波瑠「半年以内に結婚しないとクビ!?」

サバイバル・ウェディング

ヒモメン

テレビ朝日/土曜23:15~

窪田正孝が川口春奈の“ヒモ”に!

ヒモメン