日刊サイゾー トップ > カルチャー  > マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?

マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?

20071126_miku.jpg体験版初音ミクと同人誌が付録に!
「DTMマガジン」11月号(寺島情報企画)

 今年8月末に発売されるや、売り切れ続出の大ヒットとなった音声合成ソフト「初音ミク」。ユーザーの手によって作られた「みくみくにしてあげる ♪」「ハジメテノオト」などのオリジナル曲、MAD画像など、さまざまな作品がニコニコ動画に投稿され、一大ブームとなっている。初音ミクを登場させたゲーム、ムービー、デスクトップマスコット、携帯電話用待ち受けFlash、ブログパーツ……毎日、どこかで誰かが新しい作品を制作し、発表しているほどだ。

 そんな初音ミクの魅力を、全米屈指の“アイドル好き”トップミュージシャンであり、本誌連載陣のひとりでもあるマーティ・フリードマンに、オリジナル曲「みくみくにしてあげる♪」を聴いたうえで分析してもらったが……。

「初音ミクはとても素晴らしいね! その上、近いうちに、まずレコーディング業界の中で、ProToolsと同じような“使って当然”の物になると思う。とりあえず、仮ボーカルとして、コーラスとして、歌詞を試しに、などなど、みんな使うと思うよ」

 マーティは、初音ミクのアイドル性よりも、実用性に注目している様子。今のところ、素人間での盛り上がりが顕著な初音ミクだが、いずれはこのソフトを利用して、日本の音楽業界全体がより良い方向に進むことを期待しているようだ。

「でも、僕がいちばん期待するのは、プレスリー本人の声でJ-POPを日本語で歌うソフトが誕生すること! 可能性に限界はないよね!」

 12月には、初音ミクの妹分ともいえる新ソフトの発売も控えている。近い将来、マーティの期待も現実のものになるかも?
(下戸山うさこ/「サイゾー」12月号より)

はつね・みく
価格/オープンプライス(市場予想価格1万5750円前後) 開発/CRYPTON
女性声優の声をサンプリングした日本語女性ボーカル・ソフトウェア。初音ミクの先輩にあたるソフト「MEIKO」「KAITO」もあるが、初音ミクが人気を呼んだのは、そのキャラクター性に強く起因するのかもしれない。

【関連記事】 「ネギま!」赤松夫人、人妻アイドルとしてついにCDデビュー!!
【関連記事】 デビュー曲はあの放送禁止歌!笹生実久の世界
【関連記事】 唯一無二のアイドルテクノポップPerfumeの魅力を堪能せよ!!

最終更新:2008/06/27 21:02

マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真