日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 超大作が持つ醍醐味を堪能!『マックス・ペイン』
徳光正行「この夏、絶対見たい"ヤバイDVD"」12撰!

超大作が持つ醍醐味を堪能!『マックス・ペイン』

maxpain.jpg©2009 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights

[徳光正行オススメポイント!]
ハリウッド的スケールは圧巻! 銃社会のリアリズムの境地

 全米初登場第1位を記録した”勧善懲悪モノ”の超大作ですが、このスケールの映画は、まず日本では作ることができないだろうと思いましたね。特に銃を扱うシーンが全然違う。

sundome02.jpgとくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の次男。『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)、『スペチャ!』(スペースシャワーTB)などで活躍中! もちろんサイゾー本誌連載『愛のズルむけい地』に登場いただいているアノ人です!

 日本だと「バキューン」という感じなのに、こちらは「ドン」と腹に響く音。また、役者たちの銃の扱い方にもリアリティを感じて、彼らのプロ魂を見せつけられました。銃社会の中で生きている人だからこその、真に迫った演技なのでしょうね。

 また、銃の迫力や派手なアクションなど、エンタテインメント性に富んでいるので、あれこれと難しいことを考えずに見ることができます。ブラジルサッカーのような、個人技に優れていて、視点を定めることができないっていう印象を受けました。

 これまでのハリウッドのアクション映画らしく、「強いアメリカ人」を描いているため、見ていてワクワクさせてくれる。ハリウッド定番の陰謀モノなんかに新鮮さを覚える20代くらいの若者にはタマラナイのでは?
(取材・文=丸山大次郎/「サイゾー」9月号より)

マックス・ペイン
愛する妻と子を何者かに惨殺され、復讐を決意したNY市警の刑事マックス・ペイン。単独捜査を続ける中、クラブで誘惑する美女やドラッグのディーラーなど、彼が接触してきた人物たちが次々と殺されていく──。現在でも根強い人気を誇るホラー映画の傑作『オーメン』を手がけたジョン・ムーア監督によるハードボイルドアクション。

販売元/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
監督/ジョン・ムーア
出演/マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、ボー・ブリッジスほか
時間/103分 価格/3990円(税込)
発売/9月4日
© 2009 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 演技とエロスが絶妙にマッチ!『愛のむきだし』
【関連記事】 ジャック・バウアーよりも熱い男? 父の深い愛が爆走する『96時間』
【関連記事】 ニコラス・ケイジが魅せるミステリー・サスペンスの俊作『ノウイング』

最終更新:2009/08/20 12:01

超大作が持つ醍醐味を堪能!『マックス・ペイン』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真