日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「マックス松浦にヘコヘコ!?」EXILEのリーダーHIRO”経営術”の実態

「マックス松浦にヘコヘコ!?」EXILEのリーダーHIRO”経営術”の実態

exile.jpg 『愛すべき未来へ』
エイベックス・エンタテインメント

 EXILEの最新アルバム『愛すべき未来へ』が12月2日に発売され、初日で100万枚出荷を達成したと各メディアが報じている。メンバーが14人になって初の作品ということもあり、増員を果たしたEXILE軍団の”サクセスストーリー”として語られるケースも増えそうだ。

 実際に最近のメディアでは、アーティストというよりも、成功したビジネス例としてEXILEを取り上げられることが多い。リーダーのHIROを所属事務所LDHの社長として取り上げたインタビュー記事も目に付くが、その内容の多くは精神論や人生論に終始しており、「本当に経営者なのか?」と疑問符がつくのも事実だ。

「HIROさんは、”社長”としてEXILEのメンバーからの信頼が厚いのは事実ですが、LDHの経営にはほとんどタッチしていません。実際の経営を切り盛りしているのは、モデル・タレントのマネジメント歴の長い番頭格のA氏です。また、EXILEのメンバー増員などの重大な決定には、必ずエイベックスの松浦社長が深くかかわっています」(音楽関係者)

 松浦社長とHIROの親交は25年に及び、当初はレコード屋店長となじみの客という関係だった。その後、松浦社長はHIROの苦境を何度も救い、「HIROは今でも松浦社長イチの子分」との見方が有力だ。EXILEのコンサートの打ち上げに立ち会ったイベント関係者は「松浦社長がHIROをからかい、HIROがヘコへコしている場面を見た」と証言する。EXILEのリーダーも、恩人の前ではパシリ体質が抜けないようだ。

 一方、EXILEはエイベックスの売上げ面の屋台骨を担うアーティスト。最近では、度重なるベスト盤発売や、決算期近くのリリース攻勢など、同社に利益をもたらす形での活動ぶりが目立つ。「浜崎あゆみ、大塚愛といった大物アーティストが売り上げを減らす中、エイベックスにおける”EXILE依存度”はさらに高まっています。14人の増員や、続々と発表される新プロジェクトも、エイベックスの利益を支えるために、松浦社長の”肝いり”で行われている面が大きいのです」(前出・関係者)

 苦労人として知られ、ようやく掴んだ成功を謳歌しているように見えるEXILEのリーダーHIRO。メンバーに熱っぽい人生を語る一方、恩人からのプレッシャーに眠れぬ夜を過ごすこともありそうだ。
(文=石山博美)

愛すべき未来へ

オラオラ系兄ちゃん、増えてます。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 EXILEの「ハロプロ化」に見るそのビジネス的な展望とは?
【関連記事】 ジャニーズはもう怖くない!? 巧みに”外堀”を埋める、エイベックスの戦略
【関連記事】 エイベックス・松浦氏のビックリ発言の真意とは?

最終更新:2009/12/05 08:00
こんな記事も読まれています

「マックス松浦にヘコヘコ!?」EXILEのリーダーHIRO”経営術”の実態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...…
写真