日刊サイゾー トップ > 芸能  > 北川悦吏子、またもTwitterで問題発言 人気漫画ドラマ化のガセ情報に見事に釣られた?

北川悦吏子、またもTwitterで問題発言 人気漫画ドラマ化のガセ情報に見事に釣られた?

haru1224.jpg「北川悦吏子 (halu1224) on Twitterより」

 『愛していると言ってくれ』(TBS系)、『ロングバケーション』(フジテレビ系)で知られ、現在はTwitterをテーマにした『素直になれなくて』(同)の脚本を担当している北川悦吏子。放送中のドラマを脚本家自らTwitterで”実況”するなど、奔放な行動が物議を醸している彼女だが、またしてもTwitterで問題発言を連発。ネット上で一騒動を巻き起こした。北川はTwitterで次のようにつぶやいた。

「『よつばと!』がドラマ化。すごく好きなマンガ。そして、すごく複雑な思い。テレビはこれでいいのか? よそから、才能借りて来て、ドラマ化してて、それでいいのか、ということを初めて思った。今までは思わなかった。それほど思い入れのある原作が、なかったから。この焦る感じは、きっといいこと」

「 私、これ、ドラマになるよ、ドラマになるよ、と局の人に会う度に言ってんだよね。いざ、マジでそうなると、思うと、複雑なのは何だろう。すごく負けた気がする。漫画に。漫画はすごいのすごいけどさ。確かに。がんばろうぜ。テレビチーム!(今、全局、全脚本家、全プロデューサーに呼びかけ!)」

 漫画家・あずまきよひこの人気コミック『よつばと!』(アスキー・メディアワークス)がドラマ化されると発言し、同漫画への敗北感までも宣言。さらに、ドラマ制作スタッフを鼓舞する言葉まで綴った北川だが、その情報ソースはネットだったと告白した。そんな中、あるユーザーがその情報は5年前に流行した画像であったことをTwitter上で指摘。すると、北川は「これ5年前なの? 私、これ、二日前に見つけて、マジに受け取ってしまって」と明かし、さらに次のように反省の弁を述べた。

「すみません。もう、リツイートがすごい勢いで。私の間違いでした。『よつばと!』ドラマ化情報。誠にすみませんでした。ガッツリ鵜呑みにしましたガセネタを。そして、私の二日間の苦渋もなんだったんだろう。私のよつばを誰が…みたいな」

「『よつばと!』ドラマ化、ウソでした。間違えました。すみません。今、方々から、ものが飛んで来て、体じゅうに当たってます。ただ、他にも間違えてた人がいたみたいで、その人には有益な情報でした。いや、でも、すみませんでした。謹慎処分。しばらくツイッターおやすみします」

 謝罪の言葉を述べ、自ら謹慎を誓ったが、これらの発言をすべてTwitterから削除し、さらに謹慎はわずか6時間ほどで、再びtweetを始めてしまった。ある週刊誌記者は次のように明かした。

「エンタテインメント界に関わる人間で、礼儀・作法よりも前にわきまえなければならないのが、”情報解禁”。特にテレビ局は、ドラマの情報解禁日はシビアに考えていて、局、芸能プロダクション、広告代理店などさまざまな関連各所と調整して決めています。スポーツ紙も、タレントの恋愛スキャンダルはスッパ抜きを競い合いますが、ドラマの情報解禁は遵守するのが紳士協定となっています。これを反故にするとその後、情報を出さないなどのペナルティが課されるケースも過去にはありました。北川は、脚本家でありながら、ネットで見たガセの情報を鵜呑みにして、しかも、不特定多数の人が閲覧できるTwitterで発言。一般人のユーザーから指摘されて、初めてガセだと気づくという最悪のケースです。『素直になれなくて』も視聴率10パーセント前後の低空飛行ですし、こんな破天荒な発言ばかりする脚本家をテレビ局は今後、使いたがらないでしょうね」

 ネット上のガセに軽々と”釣られ”、投稿を削除する浅はかさを見せた北川。以前にも「これから問題発言をします」と記し、「ツイッターができることを、なんでそんなに人は自慢するの? できないことをなんで、そんなに下に見るの? 最初にツイッタードラマを書こうと私がしたときに そういう人が何人もいた」とTwitter上でマジギレするなど、醜態をさらしている。長年、第一線で活躍してきた人気脚本家ならば、もう少しエスプリを利かせた含蓄のある言葉をつぶやいてもらいたいものだ。
(文=本城零次<http://ameblo.jp/iiwake-lazy/>)

◆北川悦吏子 (halu1224) on Twitter
<http://twitter.com/halu1224>

よつばと! 9

いやいや、悦吏子が敵うレベルではない。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
Twitterドラマ『素直になれなくて』初回視聴率11.9% 北川悦吏子Twitterでブチ切れ!
大沢たかお&綾瀬はるかの熱愛報道 映画『JIN-仁-』宣伝のためのヤラセだった!?
「キムタク、ダセえ~!」”Sキャラ女優”北川景子が木村拓哉の英語力を痛罵?

最終更新:2010/06/08 11:18
こんな記事も読まれています

北川悦吏子、またもTwitterで問題発言 人気漫画ドラマ化のガセ情報に見事に釣られた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

 青森県弘前市のご当地アイドル「りんご娘」のメンバー・王林が話題となっている。 「王...
写真