日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「ボコボコにしてから、ブスッと」”アウトローのカリスマ”瓜田純士が吼える!

「ボコボコにしてから、ブスッと」”アウトローのカリスマ”瓜田純士が吼える!

urita_main.jpg

 「そいつ、生かして帰しませんから」──フォト&メッセージブックの出版、自伝的映画の公開、アメブロ退会騒動など、このところ話題の絶えない”アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(30歳)が先月9日、東京・高円寺のライブハウス『ROOTS!』でトークライブ&サイン会を行った。”アンチ瓜田”による襲撃予告があったため、当日の会場は厳戒ムード。そんな中、カリスマはいったい何を語ったのか?──戦々恐々の現場レポート!

 瓜田にとって3冊目の著書となる『泥だらけのありがとう』(武田ランダムハウスジャパン)の出版を記念して行われた今回のイベント。カリスマの肉声を聞けるとともに、サインも貰えるチャンスとあって、熱心な瓜田ファン数十名が会場に詰めかけた。客層は大人しそうな男性が中心だったが、会場の隅々にはコワモテのセキュリティーが配置され、何やら物々しいムード。”アンチ瓜田”のブロガーが当日、襲撃をほのめかす書き込みをしたため、万が一に備えて警戒態勢を敷いたようだ。


 そんな中、ビール瓶片手にステージに現れた瓜田。

「なんでサイン会なのにセキュリティーがいるんだろう、ってビックリした人もいるかもしれないけど、何が狙いかといったら、瓜田純士の裏ブログ(アンチブログ)をやってるヤツを探そう、と。今日、もしかしたらこの中にいるんじゃないですか?」

 と言って、鋭い目付きで客席全体をグルリと見渡す。

「もしいたら、すいません。そいつ、生かして帰しませんから。ボコボコにしてから、ブスッといきます。マジで」

urita_sub.jpg

 物騒な脅し文句に会場は一瞬静まり返ったが、「……ま、それは冗談。というか、冗談と本気のハーフ&ハーフです」

 と付け加えると、客席から安堵の笑いが起きた。アウトローならではのツカミで聴衆を釘付けにした瓜田。ステージ上でビールを飲みながら、時にユーモラスに、時にシリアスに、自らの過去・現在・未来を語り始めた。

 「12歳のころにはもう青龍刀や偽造テレカが身近にあった」という不良少年時代の話や、「お袋にチャカを向けたこともある」という極道時代の話も強烈だったが、意外な一面を覗かせたという意味で印象深かったのは、刑務所を出てから物書きになるまでの苦労話。

「僕みたいな過去を持つ人間が日の当たる場所に出ようとすると、必ず最初は足を引っ張られる。その世界にいた人間にしかわからない、その人たちのやり方ってのがあるんですよ。かつての僕自身が、『あの野郎、なんで途中でハネたくせにその辺の道歩いてんだよ。確実に生け捕って来い!』とか言ってた兄ちゃんだったので、自分も同じ目に遭ったらどうしよう、確実にヤバい、と怯えてました」

 そんな危機感を抱きつつも、地元から逃げたくないという思いもあり、出所してから2年近くは「毎日ビクビクしながら新宿を歩いていた」と明かす瓜田。剛胆に見えて、実は繊細なタイプのようだ。

「日常においても、今日はこの人に迷惑をかけたかも、今日はあの人を傷付けたかも……なんて、人とのちょっとした会話やメールのやりとりがあとあと気になり、あれこれ悩んで反省することが多い。そんなふうに生活の中であまりに神経が細いもんだから、その葛藤がブログに全部出てしまう。僕のブログには、怒ってるときも不安定なときも悔しいときも、全部の感情がそのまんま吐瀉物のようにまき散らされてしまうんです」

 新著『泥だらけのありがとう』は、そうした瓜田の人間臭い部分が凝縮されたフォト&メッセージブックだという。

「ブログと違って活字は少ないけど、思い切り魂を打ち込みました。掲載された写真にも、僕の喜怒哀楽がすべて出ている。飾ってないし、気取ってない僕。泣いてるとこも、笑ってるとこも、怒ってるところも、全部出ている。そこにうまく活字がハマって、最高の本ができたと自負してます」

 この本の出版直後には、自伝的映画『ドブネズミのバラード』を公開。また、societyという音楽ユニットも本格始動させるなど、表現者として多角的に攻め続ける瓜田。知名度が上がり応援される機会も増えて「今は非常に強気」と語るが、ファンが増えればアンチも増えるのが世の常だ。

「ネット上の誹謗中傷など、バッシングの数もハンパじゃない。だけど、叩かれたもん勝ちだと思ってるし、それをはねのけるだけのエネルギーがないとダメだと思ってます。中途半端な気持ちで背伸びするとケガをするけど、間違いなく俺はやれるんだ、という確たる自信さえあれば、アンチもファンにひっくり返せる。瓜田純士クラスになれば、そんなの全然余裕ですから。知れてる」

 ブログでおなじみの瓜田節が炸裂すると、客席からは大きな拍手。結局、乱入や襲撃は最後まで起きることなく、無事にイベントは終了した。

 なおこのイベントの数日後、ブログの反社会的表現が原因でアメブロを退会することになった瓜田。今後、日常の言論発表の場をどこに求めるのか、その動向が注目される。
(取材・文=岡林敬太)

uritahon.jpg
★直筆サイン入り! 瓜田純士『泥だらけのありがとう』を2名様にプレゼント★
新宿・歌舞伎町で生まれ育ち、圧倒的なカリスマ性で東京を制圧した瓜田純士が、第二の人生を歩みだした今、伝えたい44のメッセージとは?──著者・瓜田純士の直筆サインが入った『泥だらけのありがとう』を2名様にプレゼントいたします。応募の〆切は10月8日(金)23時59分とさせていただきます。なお、当選の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

ご応募はこちらから
(締め切りました)

【個人情報】
■ご応募にあたり、ご提供いただく個人情報は『サイゾー』にて厳重に管理を行います。また、お客様の同意なしに守秘義務を負う業務委託先以外の第三者に開示、提供いたしません。
■ご提供いただく個人情報は、『サイゾー』からの、お客様がご希望の場合の商品、キャンペーン等のご案内、アンケート等の発送に使用させていただきます。また、個人を特定しない方法で、マーケティングの統計データとして活用させていただきます。
■今後、『サイゾー』からの商品の送付や媒体に関するご案内等をご希望されない場合は、下記連絡先までご連絡願います。
■『サイゾー』が保有するお客さまの個人情報について、訂正・利用停止等をご希望される場合には、下記連絡先までご連絡願います。サイゾー  03-5784-0790 個人情報管理責任者まで

泥だらけのありがとう

カリスマ降臨

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
K-1関係者も度肝を抜かれた! 「ガチンコ不良バトル」の舞台裏
「ありがとう」瓜田、敗れて潔し!『THE OUTSIDER 第弐戦』詳報
『THE OUTSIDER第12戦』リングの上も観客席も怒号の嵐! 舞台裏完全密着レポ

最終更新:2010/10/13 11:53

「ボコボコにしてから、ブスッと」”アウトローのカリスマ”瓜田純士が吼える!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

ホットなヒップホップ・グループ「舐達麻」の3人が大麻について大いに語ってくれた昨年のイン...
写真