日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 楳図かずおさんの至言「世界を相手にやっている人は、友達作っちゃうと危ない!」(前編)
【第20回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

楳図かずおさんの至言「世界を相手にやっている人は、友達作っちゃうと危ない!」(前編)

umez_akari01.jpg

 モテない、金ない、華もない……負け組アイドル小明が、各界の大人なゲストに、ぶしつけなお悩みを聞いていただく好評連載。第20回は特別編! 大マンガ家の楳図かずお先生と、先生が大絶賛中のクレイアニメDVD『チェーンソーメイド』の長尾武奈監督をお迎えしました!

[今回のお悩み]
「友達がいないのですが……」

――長尾監督、『チェーンソーメイド』を激しく応援していらっしゃるという楳図先生、初めまして! 今日はよろしくお願いします! 私、以前から『チェーンソーメイド』の動画を見てたんですけど、可愛いイメージのクレイアニメでまさかのスプラッター!? って驚いたんですよ!

長尾武奈監督(以下、長) クレイアニメは日本だと可愛い系が人気なんで、こういうのはどうだい? 的な(笑)。

――カラフルな粘土であんなにグロテスクな切り株動画を作るなんて……! しかも、まだ学生さんなんですよね。卒業後はどうされるんですか?

 普通に就職しながらアニメを作るのもいいな、と思いつつ、チャンスがあればそれはそれで……とか、探り探りです。というか、修士論文もこれから……。

楳図かずお氏(以下、楳) 大変な時期ですねぇ。せっかくだから、修士論文の中にもゾンビやメイドさんを出してしまいましょう! たぶん、他の人には書けないようなものが書けますよ(笑)。

 いやぁ、それで卒業させてくれるものなら(笑)。

――ちなみに、主役はどうしてメイドさんだったんでしょう? 趣味?

 ゾンビ物を作ろうと思ったとき、「戦うヒロインがいたらいいな、日本だと今なら……メイドさんだ!」と思って。

――あ、じゃあ、ご自分の趣味というよりも、世相に合わせた感じだったんですね。

 それもありつつ、自分でも楽しんで(笑)。メイドさんがチェーンソー持ったらカッコイイだろうなぁ、と。 

――確かにカッコよかったです! どういう作品から影響を受けましたか?

 ジョージ・A・ロメロとか、『死霊のはらわた』っていうゾンビ映画の目を潰すシーンとか、チェーンソーと言えば『悪魔のいけにえ』っていう古典のような名作とか。

umez_akari03.jpg『チェーンソーメイド』の撮影に使われた
クレイ人形。かわいい!

 僕は、あのゾンビの目をブスって指で潰すシーンが、見ている方に突き刺さってくる感覚があって良かった。実写ではないので、デフォルメして可愛く作っているんだけれども、それでものめりこんでしまう怖さがあって、素晴らしいですよね。イケてる描写です。

――楳図先生の『神の左手 悪魔の右手』でも、目からハサミが飛び出してくるシーンがありましたね。アレは本当に怖かった……。

 やっぱり目は嫌ですよねぇ(笑)。あと、チェーンソーで下から上までズイーンッ! とやるときに、ズバッと一気にじゃなくて、痛そうな、体の抵抗感みたいなのを出しながらやるのが良いのかな、と。そういう細かい表情などが大変良くできているから、人形が本当の人間みたいに見えてしまう。

――メイドさんがゾンビに対して「何すんのよ!」って顔するのも面白くって。人形の表情が細かいんですよね。

 ああ、あそこが一番萌える瞬間なんですよ!

 萌える瞬間(笑)。ああいう細かい微妙な表情の変化が全体の怖さを上手く盛り上げていました。ああいうところをはしょっちゃうと、ガタガタの本当にスプラッターになっちゃうんだけれど、そこのところは大変上手にできてるなぁ。あとキャラクターがみんな可愛いんですよね。可愛らしいのと残酷なものの2種類が入ってる。本当の人間の感じでつくっちゃって、童話性がなくなって、エグいだけになっちゃうのは嫌ですよね。

――楳図先生、本当に大絶賛じゃないですか!

 うふふ!

――アニメの制作はどこでやられてるんですか?

 自分の部屋でこもって一人で……。

――え? スタジオとかじゃなくて?

 そうですね、自分の部屋の、テーブルの上です。

――おお……。ちなみに、1作品撮るのにどれくらいの時間がかかるんですか?

 作り始めた5、6年前は2カ月くらいだったんですけど、最近は半年とか……。凝り出すとどうしても血しぶきだけに1日かけたり、どうすればもっと肉片が飛んでいるようになるかな~、とか考えながら……気付くと4、5時間経ってるみたいな。汁系にはこだわりたくて(笑)。まず、集中力をあげてスタートできるまでが一番大変かな。

――汁は大事! 私もスタートしちゃえば早いんですけど、それまでが長い(笑)。やる気スイッチが全然見つからなくて途方に暮れることが良くあります。

 ヘビメタとか、メタルの激しいのをかけて気持ちを上げたり、好きなホラー映画の一番好きな場面を見て、やる気を出すと良いですよ。『スキャナーズ』っていう映画の、あの場面がいいんじゃないか? っていうのを確認したりして。

――超能力で頭が爆発する映画だ! 監督は映画をものすごく見てらっしゃいますよね。

 中学の頃からホラー映画好きで。 

――私もロメロのゾンビにハマッてゾンビのコスプレをやり出したら、こういうお仕事が増えて、ロメロとゾンビには感謝しっぱなしです(笑)。アニメのキャラクターの声は誰が入れているんですか?

 『血みどろの森』という別の短編ではゾンビの声を自分でやってました。「ううーうー……」って。実家だから、その時は家族もさすがに引いてました。

 アハハハ!

 でも、家族も昔からホラーが好きなのを知っていたし、おばあちゃんが一緒にゾンビ好きになっちゃて。今までは漫画とか読んでいなかったんですけど、「楳図さんのは面白い。『まことちゃん』のグワシ!」とか言って(笑)。

 ねえ、精神が新しいですよね? うふふ!

――素晴らしい環境! 今後チャレンジしたいシーンはありますか?

 そうですね、もっと痛みを感じさせる、粘土だけれどもこんなになっちゃうんだ!? っていうのを追求したいなと思います。あと、すごい悪意がこもった人も描きたいなぁ。

――やっぱり普通の作品より、ホラー要素があったほうが作っていて楽しいんでしょうか?

 楽しい!

 そりゃあ、楽しい! 綺麗なのは綺麗なので、それ以上はないんですけど、醜い部分があると、そこはすごい想像性があって、楽しんでやれますよ。崩れた顔の方が面白いですよね。
後編につづく/取材・文=小明)

●楳図かずお(うめず・かずお)
1936年和歌山県生まれ。55年マンガ家デビュー。以降、数々の伝説的作品を発表し、各界に多くのフォロワーを生んでいる。審査員を務めた「第10回 DigiCon6」優秀賞のクレイアニメ『チェーンソーメイド』(ポニーキャニオン)を推薦中。

●長尾武奈(ながお・たけな)
1986年京都府生まれ。高校時代からクレイアニメの制作を始め、国内外の映画祭で高い評価を得る。代表作『チェーンソーメイド』はYouTubeで300万回以上再生。DVD『チェーンソーメイド』(ポニーキャニオン)発売中。

●小明(あかり)
1985年栃木県生まれ。02年史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著『アイドル墜落日記』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/
サイゾーテレビ<http://ch.nicovideo.jp/channel/ch3120>にて生トーク番組『小明の副作用』(隔週木曜)出演中

CHAINSAW MAID

恐怖は世界の共通言語!

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第19回】 キングオブコメディさんの至言「いつ辞めてもいいから、続けられるんです」
【第18回】 バカリズムさんの至言「モヤモヤは、そのまま持ち帰って立ち向かいます」
【第17回】 島田秀平さんの至言「小明さんの手相にはアブノーマル線があるんです」
【第16回】 小森純さんの至言「写真のチェックとか、自分では一切しないんです」
【第15回】 堀江貴文さんの至言「もうメジャー路線っていうものは存在しないかもしれない」
【第14回】 稲川淳二さんの至言「自分の子どもを殺そうか、と思った自分が一番怖かった」
【第13回】 蝶野正洋さんの至言「自分の役割の中で、最大限に光らなきゃならない」
【第12回】 有野晋哉さんの至言「アイドルは『育ちがええねんなー』っていうのが大事です」
【第11回】  鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」
【第10回】  宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」
【第9回】  桜木ピロコさんの至言「あたしいつもだいたいいやらしいことしてるもん!」
【第8回】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【第7回】 ルー大柴さんの至言「ライフっていうのはマウンテンありバレーありです」
【第6回】 大堀恵さんの至言「私、いつも『アンチ上等』って思ってるんです」
【第5回】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:02

楳図かずおさんの至言「世界を相手にやっている人は、友達作っちゃうと危ない!」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真