日刊サイゾー トップ > 芸能  > ドラマ版『痛快!ビッグダディ』主演内定の”低視聴率男”反町隆史に降りかかる災難

ドラマ版『痛快!ビッグダディ』主演内定の”低視聴率男”反町隆史に降りかかる災難

417ItWjwoeL._SL500_AA300_.jpg『グッドライフDVD-BOX 』
(ポニーキャニオン)

 昨年、ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で完全復活を果たした松嶋菜々子だが、その一方で夫・反町隆史は不調から抜け出せないでいるようだ。

「昨年は韓流ドラマ・リメイクの『グッドライフ』(フジテレビ系)に主演したものの、平均視聴率8.6%と惨敗。”低視聴率男”の汚名を返上できなかった。ここ数年、各局で主演ドラマをこなしたが、いずれも低視聴率。現在は山下智久主演の『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』(TBS系)に山下演じる主人公の兄役で出演しているが、刑事役で出演している榮倉奈々のバーターで出演が決まったようだ」(テレビ関係者)

 そんな反町に舞い込んだのが、テレビ朝日系の人気番組『痛快!ビッグダディ』ドラマ化企画の主演話だったというが……。

「もともと『ビッグダディ』のドラマは、反町主演でこの春にも放送予定だった。ところが、妻役に決まっていたオセロの中島知子が例の”洗脳騒動”で仕事ができない状態に。撮影が伸び伸びになっていたんです。ようやく中島の代役に森三中・村上知子が決まったものの、延期になっている間に当の”ビッグダディ”林下清志さんが週刊誌上でヤラセを告白するなど、ドラマのほうも問題が山積みです」(芸能記者)

 またプライベートでも、愛犬のドーベルマンが原因となったマンショントラブルで多額の損害賠償を請求される訴訟沙汰に巻き込まれていることが「女性セブン」(小学館)3月15日号に報じられるなど、まさに踏んだり蹴ったりの状態。

「妻の松嶋も『ミタ』こそ当たったものの、急遽出演した松本潤主演の月9ドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)では”菜々子効果”を発揮できず視聴率は急落。このドラマで全盛期並みの1話300万前後というギャラを吹っ掛けたようで、今後各局からのオファーも減りそうです」(同記者)

 夫婦そろって、今年が正念場となりそうだ。

グッドライフDVD-BOX

パパキャラも馴染んできたよ。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 12:25
こんな記事も読まれています

ドラマ版『痛快!ビッグダディ』主演内定の”低視聴率男”反町隆史に降りかかる災難のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真