日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ドサ回り歌手急増のワケ

DA PUMP、堂珍嘉邦、板野友美……ショッピングモールでの“ドサ回り”の実態とは?

dapump15.jpgDA PUMPオフィシャルサイトより

 ダンスボーカルユニット・DA PUMPが、「ライブツアー」と称して全国のショッピングセンターを巡っていることが話題になっている。

 DA PUMPは1997年に「Feelin’Good -It’s PARADISE-」でデビュー。メンバー脱退や新規加入を経て、現在は全7人組のグループ(結成当時のメンバーはISSAのみ)となっている。「Rhapsody in Blue」(98年)や「if…」(2000年)などのヒット作を持ち、全盛期はアルバムがミリオンを突破、武道館でライブを開催するほどの人気を博していた。そんなDA PUMPの現状に、ネット上では「ショッピングモールなのにツアーって……」「落ちぶれたな」と同情する声が見られる一方、「恥ずかしいだろうが、腹をくくっててかっこいい」と支持する意見もあった。

 しかし、有名アーティストがショッピングモールでイベントを開催するのは珍しいことではない。最近では、CHEMISTRYの堂珍嘉邦や、元AKBの板野友美などがライブや握手会を行っている。“ドサ回り”と揶揄されることも多いが、実態はどうなのか? 音楽業界関係者はこう話す。

「ショッピングモールでのライブやイベントは、新人アイドルや歌手が顔を売るためのものというイメージが強いかもしれませんが、実はそうでもないんです。例えばきゃりーぱみゅぱみゅは今年4月、埼玉のイオンレイクタウンでリリースイベントを行っている。昔に比べてショッピングモールが巨大化し、価値も上がったので、わりと一般化しているんです。一概に“ドサ回り”とは言えないのでは」

 また、ライブ全盛期と言われて久しい今の時代には、パフォーマンスを生で披露すること自体にも小さからぬ意味があるという。

「テレビ、ラジオなどのメディアの影響力が低下している今、地方の若者に近い距離から直接アプローチすることはプロモーションとして効果的。長くアーティスト活動を続けていくには、こうした細かい仕事をいとわず、コツコツとファンを獲得していくのが重要でしょう」(同)

 ISSAはこの「ライブツアー」に関して、公式ブログで「らいぶ、ライブ、LIVEな毎日です! 嬉しいね 楽しいね 幸せだね 皆の前でパフォーマンス出来てその時間を一緒に過ごせることが本当にハッピーです(^^)」とコメント。また、DAICHIも自身のTwitterで「どんな場所であろうが最高なパフォーマンスをするのみ。それがDA PUMP」とつぶやいている。

 ネット上では「“どんな場所であろうが”って、ショッピングモールをバカにしているのでは?」というツッコミも見られるが、全力で、また楽しんでライブを行っている様子が伝わってくる。このまま全国各地にファンを増やして、再ブレークの道が開けることを祈りたい。
(文=松浦幸子)

最終更新:2014/06/15 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed