日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福田こうへい完全終了のお知らせ

「福田こうへい完全終了のお知らせ……」“芸能界のドン”バーニング周防社長が大激怒のワケ

51jrfGsj-UL.jpg『煌』(キングレコード)

「これで見納めか~」

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』のステージ裏で、マスコミや音楽関係者がある男性歌手のことを名残惜しそうに眺めていたという。その男性は、岩手在住の歌手・福田こうへいだ。


 おととしの紅白に、ヒット曲「南部蝉しぐれ」で初出場。2連連続で紅白に出るくらいなのだから、順風満帆と思いきや……。

「昨年11月末に出場歌手が発表された直後、所属事務所との契約トラブルが発覚。先にそれを把握していたら、NHKは落としていたことでしょう」(音楽関係者)

 それほど、福田の抱える“お家騒動”は深刻だという。別の音楽関係者は「もともと岩手の事務所に所属していた福田が、ブレークとともに東京に進出。岩手の事務所の知らないところで東京の事務所と契約を結んでしまった。要するに二重契約。これをやったらおしまいだ」と話す。

 しかも、その根底にはブレークした福田の“勘違いぶり”があるという。

「売れて調子に乗っていた話をよく耳にした。『演歌界は僕が引っ張っていきますから、心配しないで下さい』などと、業界の重鎮がいる前で堂々と吹いていた」(同)。

 トラブルは福田の所属事務所「オフィスK」が先月、マスコミ各社に文書を送付したことで明らかになった。そこには「福田こうへいの度重なる債務不履行に対して話し合いに応じるよう努めてまいりましたが、本人にその意思はないと判断し、法的手続きを開始いたします」とある。

 こうした泥仕合に激怒したのが、芸能界のドンことバーニングプロの周防郁雄社長という。

「周防氏は、この手のお家騒動を一番嫌う。世間的にも、見栄えは決してよくありませんから。こういった契約トラブルは業界ではよくあることだが、どこも水際で押さえ込んでいる。トラブルが起きたことより、それが表面化したお粗末さが問題だという理論です」(ワイドショー関係者)

 かつて福田をバックアップしていたドンにしてみれば、恩を仇で返された気持ちもあるのだろう。少なくとも、来年の紅白で福田の姿を見ることはなさそうだ。

最終更新:2015/08/03 14:55
こんな記事も読まれています

「福田こうへい完全終了のお知らせ……」“芸能界のドン”バーニング周防社長が大激怒のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

「これで見納めか~」 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』のステージ裏で、マスコミや音楽関...
写真