日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西山茉希、現場で離婚の相談?

早乙女太一と“離婚秒読み”の西山茉希、収録スタジオでも愚痴タラタラ「まるで離婚の相談」!?

nishiyama0129.jpg西山茉希 オフィシャルサイトより

 俳優・早乙女太一とモデル・西山茉希に、「離婚秒読み」のウワサが飛び交っている。

 結婚前には暴行騒動などで破局説もあったカップルだが、2013年に西山の妊娠3カ月での結婚を発表。第一子誕生後、大きなトラブルもなかったが、昨年末から西山がメディアで夫への愚痴を漏らすようになり、「所属事務所が離婚後を見据えて話させているのではないか」と見る記者も少なくない。

「ただでさえ、スピード離婚が疑われるカップル。普通なら、事務所が夫の悪口なんか許すわけがないんです。これは何かあるのでは?」(スポーツ紙記者)

 西山は6日放送のバラエティ番組で、早乙女が公演日を装って遊園地に行って遊んでいたという“育児放棄”エピソードを暴露、夫婦ゲンカとなって泣いたとまで明かした。夏ごろまでは、記者が質問しても「限られた時間で子どもと遊んでくれる」と笑顔を見せていたのだが、それが急展開した形だ。

 確かに早乙女は記者から愛娘について聞かれても、そっけない返事が多く「ひどいときは無表情のまま『大丈夫』と、ぶっきらぼうに言うだけだったりする」と前出の記者。育児をめぐってギクシャクしていても、おかしくはなさそうに見える。

 また、早乙女が長年やってきた大衆劇団「朱雀」を2月で解散することも、不安要素のひとつだ。これは背後で劇団員が大量離脱したとか、DV騒動と結婚でファン離れを引き起こしたという見方もささやかれるが、事務所の移籍で前所属事務所とトラブルになっていたことが公になっており、仕事が順調とは言いがたい。

 一方の西山は今年30歳。モデル活動の全盛期は過ぎたともいわれており、頼りない夫への不信感もありそうだ。

「仮に離婚という選択肢があったとすれば、まずやり始めるのは西山サイドが夫のマイナスイメージとなることを公にすること。中山美穂と辻仁成、高橋ジョージと三船美佳、ともに離婚確定前に夫のバッシング報道があって、女性側のイメージを守る戦略が取られています。今回も、それと似たにおいを感じます」(前出記者)


12

早乙女太一と“離婚秒読み”の西山茉希、収録スタジオでも愚痴タラタラ「まるで離婚の相談」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

俳優・早乙女太一とモデル・西山茉希に、「離婚秒読み」のウワサが飛び交っている。 結婚前に...
写真