日刊サイゾー トップ > その他  > ドリカム吉田美和は卓越した作詞家である コンプリートベストを元に軌跡を追う

ドリカム吉田美和は卓越した作詞家である コンプリートベストを元に軌跡を追う

 【TEARS】には文字通り、泣ける曲、切ない曲がコンパイルされている。別れた彼からの留守番電話のメッセージをリピートしながら、どうしても諦めきれない思いを吐露する「愛してる 愛してた」、<憎んでも 忘れないでいて><嫌われてもいい 覚えていてくれるなら>というあまりにも切実な感情を綴った「忘れないで」、遠距離恋愛中、相手の男性に女性の影を感じている状況での電話のやりとりを描いた「LAT.43°N~forty-three degrees north latitude~」。これらの楽曲から伝わってくるのは、ストリーテラーとしての吉田の才能だ。主人公が置かれたシチュエーション、その奥にある物語を浮かび上がらせることで、繊細にゆれる感情を表現する手腕、そこから生まれるあまりにも哀切な楽曲は、コアなドリカムファンからも高い支持を得ている。別れた彼氏の勤務先の近くまで来てしまい、偶然を装って会おうとする女性を歌った「あなたに会いたくて」がデビュー曲だったことを考えると、こういう暗い曲、痛い曲、悲しい曲こそがドリカムの本質だと言えるかもしれない。

 「跳べ! その先へ」と鼓舞する「その先へ」、<家族の前で泣きなさい/大事な人に 大丈夫じゃないと言いなさい>というフレーズが心に残る「TRUE,BABY TRUE.」など、【LIFE】にはリスナーを根本から励ますような楽曲が収録されている。デビュー以来、“恋から愛まで”をテーマにしてきたドリカムだが、その幅が広がってきたのは2008年にリリースされた『MERRY-LIFE-GOES-ROUND』からだろう。あっけらかんとした明るさを感じさせるサウンドとともに表現された“何があっても人生は続く。1日1日、生まれ変わるように生きていこう”というメッセージは、その後にリリースされた『何度でも』『さぁ鐘を鳴らせ』『AGAIN』などに引き継がれている。人生には予想もできないような悲しい出来言が起こることがある。それはどうしようもない事実だが、命が続く限り、その日その日に向き合い、全力で生きるしかない――そこには吉田美和自身の体験から導き出された人生観、死生観が強く反映されている、と思う。<10000回だめで 望みなくなっても/10001回目は 来る>という歌詞を持つ「何度でも」が2011年のワンダーランドのリクエストで1位(今回のワンダーランドの中間発表でも1位でした)を獲得するなど、これらのメッセージソングは2010年代のドリカムの大きな魅力となっている。

 四半世紀に渡って幅広い年齢層のリスナーから支持されているドリカム。今回のコンプリートベストをきっかけに“詩人”としての吉田美和にぜひ注目してほしいと思う。

(文=森朋之)

■リリース情報
『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』
発売:2015年7月7日(火)
価格:3,400円(税別)
※初回生産分のみ三方背スリーブケース仕様・WONDERLAND 2015 ライヴチケット優先予約シリアルナンバー封入

収録楽曲(数字は発表年):CD3 枚組・全50曲収録
<収録曲>
LOVE (Disc1)
1. うれしい!たのしい!大好き! (1989)
2. 決戦は金曜日 (1992)
3. JET!!! — album version — (2006)
4. 連れてって 連れてって (2008)
5. 大阪LOVER (2007)
6. 愛がたどりつく場所 (2012)
7. Ring!Ring!Ring! (1990)
8. Eyes to me (1991)
9. 時間旅行 (1990)
10. The signs of LOVE (1995)
11. 星空が映る海 (1989)
12. 未来予想図 — VERSION ’07 — (2007)
13. 未来予想図Ⅱ — VERSION ’07 — (2007)
14. ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜 わたしたちの未来予想図 〜 (2007)
15. WINTER SONG (1994)
16. LOVE LOVE LOVE (1995)

TEARS (Disc2)
1. あの夏の花火 — SENKOU-HANABI VERSION — (新録・2015)
2. す き (1994)
3. 愛してる 愛してた (1993)
4. 三日月 (1999)
5. めまい (2006)
6. マスカラまつげ (2004)
7. もしも雪なら (2006)
8. やさしいキスをして (2004)
9. 悲しいKiss (1989)
10. 忘れないで (1991)
11. SNOW DANCE (1999)
12. LAT.43°N 〜forty-three degrees north latitude〜 (1989)
13. SAYONARA (1992)
14. あなたに会いたくて (1989)
15. 琥珀の月 (1995)
16. 沈没船のモンキーガール (1995)

LIFE (Disc3)
1. その先へ (2009)
2. 朝がまた来る (1999)
3. ねぇ (2010)
4. AGAIN (2014)
5. 空を読む (2005)
6. 何度でも (2005)
7. きみにしか聞こえない (2007)
8. さぁ鐘を鳴らせ (2013)
9. TRUE, BABY TRUE. (2008)
10. 24/7 — TWENTY FOUR/SEVEN — (2000)
11. サンキュ. (1995)
12. 眼鏡越しの空 (1992)
13. 笑顔の行方 (1990)
14. HAPPY HAPPY BIRTHDAY (1993)
15. あなたにサラダ (1991)
16. MERRY-LIFE-GOES-ROUND (2008)
17. 晴れたらいいね (1992)
18. またね — ALBUM VERSION — (2007)

最終更新:2015/07/12 09:58
12
関連キーワード

ドリカム吉田美和は卓越した作詞家である コンプリートベストを元に軌跡を追うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真