日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 良牌のツモに興奮しすぎて急死!?

良牌のツモに興奮しすぎて急死!? 中国・春節の“徹マン”で死亡事故相次ぐ

pai001中国では、麻雀が庶民の娯楽として今でも人気が高い

 2月11日、広東省恵州市に住む50代後半の男性が麻雀プレイ中に心臓発作を起こし、急死した騒動が話題になっている。「広州日報」(2月13日付)などが報じた。この男性は雀荘を経営しており、春節(旧正月)期間中、朝から晩まで仲間と徹夜で麻雀に興じていた。男性は、精神的にも肉体的にも疲労困憊し、点滴を打ちながら参加していたという。

 しかし、この男性が体を賭して麻雀を続けるには理由があった。この日、手元にいい牌が吸い寄せられるように集まってきて、勝ちまくっていたのだ。あまりにも良牌のツモが続くので興奮した結果、突然絶息し、帰らぬ人となったのだ。

 日本でも宝くじに当せんして高額賞金をゲットした人は「運を使い果たした」ことで急死するという都市伝説があるが、この男性もギャンブル運という死に神を呼び込んでしまったのだろうか? 春節の麻雀中の急死は湖北省でも起こっており、深酒した後に徹マンしていた28歳の男性が突然死している。

 春節の麻雀絡みでは、もうひとつ悲惨なニュースも報じられた。出稼ぎ労働者の男性が、賭け麻雀で全財産の半分以上となる約2.5万元(約45万円)を失ったというのだ。春節の大みそか、男性は帰省して家族に渡すはずだった4万元(約72万円)を元手に賭け麻雀に挑んで、大負けしてしまったという。妻子どもと出稼ぎし、一生懸命貯めたお金が一瞬にして半分以上なくなっても、「春節に麻雀をするのは欠かせないイベントだから、仕方ない」と、あっけらかんとしていたという(「長江日報」2月16日付)


12
こんな記事も読まれています

良牌のツモに興奮しすぎて急死!? 中国・春節の“徹マン”で死亡事故相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

2月11日、広東省恵州市に住む50代後半の男性が麻雀プレイ中に心臓発作を起こし、急死した...
写真