日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 大野智かわいいシーン激減のワケ

嵐・大野智『世界一難しい恋』かわいいシーン激減も、北村一輝の“絶倫フェイス”が大活躍!

■大野くんが、かわいさを封印

 ここで、零治の父・幸蔵(小堺一機)が登場。15年以上前に零治の母を家から追い出したため、零治と長年の確執がありますが、得意の手打ちそばで零治の閉ざした心をこじ開けることに成功します。この後、幸蔵はあっさりと帰っていきましたが、また登場するのでしょうか? それとも、いきなり死んじゃって、零治が「鮫島旅館」を引き継ぐパターンかな……?

 この夜も、舞子に足を揉んでもらう零治。突然、「お前ほど、安らぎを与えてくれる女はいない」「まずはお付き合いから始めてみては?」などと口説き始めますが、「失恋から逃げているだけです」と諭され、さらに「私といると、社長は自分の欠点と向き合わずに済む」「弱い自分と向き合って、好きな人に立ち向かってください」と突き放されます。まるで、子どもを谷底に突き落とす獅子のようです。

 舞子の言葉に突き動かされた零治は、美咲がコンシェルジュとして働くホテルへ。よりを戻すため、美咲に「俺たちの愛は始まってもいない。これからがスタートだ」「俺は君だけのコンシェルジェだ」などとしつこく付きまとう零治。さらに、「俺は自分の欠点を認めずに生きてきた。俺が認めていないことを、ミサさんが認められるわけがない。これまでの問題点はそこにあった。でも心配はいらない。俺は自分の欠点を認めることに成功した(以下、続く)」と、男らしく理詰めでまくし立てますが、美咲に冷たくあしらわれて、第8話は終了です。

 今回は、父を許し、母親代わりの舞子から離れるという、主人公の自立がテーマだった模様。そのため、いつものようなかわいいシーンは、ダーツの333点くらいのものでした。これまで、大野くんのかわいさを楽しむだけのドラマだと思っていた『セカムズ』ですが、この第8話で、一人の男の成長を描く人間ドラマとして、グッと深みを増した印象です。さて、次回は大野くんがカモメの着ぐるみに入るみたいです。これは、かわいいに決まっていますから、見ましょう!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

最終更新:2016/06/02 23:00
12
こんな記事も読まれています

嵐・大野智『世界一難しい恋』かわいいシーン激減も、北村一輝の“絶倫フェイス”が大活躍!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

嵐・大野智主演のコメディドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の第8話。平均視聴率は1...
写真