日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 「週刊新潮」が新聞メディア批判
週刊誌スクープ大賞

実名報道貫く「週刊新潮」が、新聞メディアにチクリ「死刑確定で実名に切り替えるのは勝手すぎ!」

 とまあ、帯に短しタスキに流しの面々だが、出てくれば当選の可能性があるのは、都民の一人としては残念だが、橋下徹氏と櫻井パパ、片山善博氏、それぐらいだろう。アメリカのサンダース氏のように、若者の貧困対策や格差是正を強力に訴えることができれば宇都宮氏も善戦するとは思うが、この人、演説がうまくない。サンダース氏のように聞く人の心を揺さぶるような話ができないのが難点だ。

 首長選挙は、アメリカの大統領選のような直接選挙である。しかし、大統領選のように、いくつものハードルがあるわけではないから、どうしても知名度(悪い意味でも)優先のAKB総選挙のようになりがちである。東京だけを特別にしろというのではないが、都知事選挙期間を大幅に延ばして2カ月ぐらいかけてやったらどうか。そうすれば候補者の主張も人品骨柄も吟味できて、これまでのように大きく間違うことはないのではないか。

 新潮では、参議院選に出馬する女性たちをルポしている。沖縄出身で歌手グループ「SPEED」を経て参議院選に出馬した今井絵理子氏は、米軍属に殺された女性の抗議集会が那覇市内で行われていた日、上大岡駅付近の居酒屋で行われた会場で、沖縄のおの字も出さなかった。

 三原じゅん子氏の内縁の夫である私設秘書は、妻の選挙応援をほとんどしていない。片山さつき氏というより、舛添氏のかつての妻といったほうが通りがいいだろう、この人が参院選大阪選挙区の女性新人候補を怒鳴りつけた。田中真紀子氏は夫の直紀氏の応援の会を新潟佐渡市の小さな集会場でやったが、そこでも人は入らず、角栄ブームだというのに彼女の神通力は消滅した、など景気のいい話も色っぽい話もない。参議院選が盛り上がらないままいってしまうと、投票率が今から心配である。

【巻末付録】

 大事件かもしれない。現代がセクシーグラビアはあるが、あれほどページを割いていたSEX記事を大幅縮小したのである。

 手術や薬の話にページを割きすぎたので、ページがなくなったのかもしれないが、今週は「女性たちがスマホでこっそり見ているエッチな無料動画一覧」だけである。

 一方、ポストは「死ぬまでSEX 日本の夏、美熟女の夏」とテレビのCMのような相変わらずの大特集。

 グラビアは、両誌が渡辺達生カメラマンの「お宝カラー」を特集している。小池栄子や菊川怜、藤原紀香が初々しい。

 現代のほうは「スイカップ 古瀬絵理」「橋本マナミ 私脱げる女優です」、袋とじは「矢吹春奈 ザ・ヘアヌード」。私は、ヘアはないが、橋本マナミが迫力&セクシーで一番いいと思う。

 ポストは連載の「響子さーーん」「優希ちゃんちのママ」。袋とじは「これが伝説のフェラチオ教本だ!」。写真の迫力では現代、企画力ではポストか。

 というわけで、今週はSEX記事で売らない“覚悟”(今回だけかもしれないが)を買って現代の勝ち!

最終更新:2016/06/28 21:00
123456789

実名報道貫く「週刊新潮」が、新聞メディアにチクリ「死刑確定で実名に切り替えるのは勝手すぎ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

今週は目立ったスクープはないから、順位なしとする。 大橋巨泉さんとは、長いお付き合いにな...
写真