日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 日ハム・斎藤佑おねだりに激怒!
週刊誌スクープ大賞

日ハム・斎藤佑樹“ポルシェおねだり”の裏で、ベーマガ社の経営は火の車! 関係者「斎藤くんの人間性を疑う」

 不可解なのは現代である。水曜日発売にしたのだから、参院選について特集を組んでいるだろうと思ったら、コラムでわずかに触れただけであった。

 今度の参院選の結果は、私などテレビを蹴飛ばそうと思ったぐらいだが、現代はそうした怒りも、これから起こるであろう憲法改悪への流れに対する危惧もないと見える。相変わらず「その手術、この薬が危ない」の第7弾を延々とやっているだけでは、ジャ-ナリズムの看板は外したほうがいい。

 おまけに、都知事選挙で誰が当選するかという予測記事には、鳥越氏の名前が入っていない。締め切りに間に合わなかったというのはわかるが、ポストに比べて読みが甘い、または情勢が動いていたので扱うべきではなかったのではないか。

 ところで、私事で恐縮だが、文春の鳥越候補についての記事について書いてみたい。

 石田純一氏、宇都宮健児氏、古賀茂明氏と、野党候補が次々に現れては消えていって、ギリギリでジャーナリストの鳥越氏に決まったのは7月12日(火)だった。その日の夕方、文春の記者から電話がかかってきた。「鳥越さんについて聞かせてくれ」というのである。

 鳥越氏がどんな政策を持って出馬するのかも知らないし、だいぶ彼とは会っていないので語ることはないのだが、「鳥越さんの体調はどうなんでしょうね」という世間話のような話なので、がんをやってから10年以上たつから大丈夫ではないか、ただ年齢が76歳なので、選挙戦もそうだが、もし知事に当選したら大変ではないか、という当たり障りのないことを答えて電話を切った。

 こんな他愛もない話など載るはずはないと思っていたが、文春に私のコメントが載っているではないか。

 それも、鳥越氏と「交流の深い」とついている。テレ朝の『ザ・スクープ』を打ち切りになるとき、反対集会やテレ朝の早河洋氏に中止撤回の申し入れに行ったことはある。

 彼が編集長として始めた韓国系インターネットメディア「オーマイニュース」に、彼の体調が悪いからと頼まれて、編集長(最後は社長)になったこともある。

 2007年の都知事選のとき、石原慎太郎の3選を阻止しようという陣営から、鳥越氏に「出馬してくれないか」という打診があったが、「健康上の問題でカミさんが許さないからやめた」という話を聞いたことはある。

 だが「オーマイニュース」を離れて以来、会うこともなくなった。文春が私に連絡してきたというのは、よほど聞く人がいなかったからだろうか?

 鳥越氏はうらやましいほどのフサフサの髪とルックス、滑舌のいい魅力的な人である。がんや76歳という年齢のことは、それほど心配していない。

 鳥越氏の名前を一躍知らしめたサンデー毎日編集長時代、「宇野宗佑総理三本指事件」で、宇野氏を告発した元神楽坂芸妓との行き違いが多少気になってはいるのだが、これ以上はやめておこう。

 参議院選報道で笑えたのは、新潮のモノクログラビアである。早々に当選を決めた沖縄出身の今井絵理子氏が池上彰氏の選挙特番で、「選挙中、沖縄のことに触れなかった」と聞かれ、「12歳から東京に住んでいるので、沖縄の現状はよく知らない」と答え、失笑を買った。

 その彼女の息子が「お母さんが当選しますように」と書いた絵馬を手渡したとき、「子どもが書いてくださった」と言ってまた失笑。新潮はキャプションを「お母さんがもっと勉強しますように」とつけた。見事である。


1234567

日ハム・斎藤佑樹“ポルシェおねだり”の裏で、ベーマガ社の経営は火の車! 関係者「斎藤くんの人間性を疑う」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

今週はポストが合併号でお休み。よって、SEX記事採点は現代だけとなる。 都知事選の話から...
写真