日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 日ハム・斎藤佑おねだりに激怒!
週刊誌スクープ大賞

日ハム・斎藤佑樹“ポルシェおねだり”の裏で、ベーマガ社の経営は火の車! 関係者「斎藤くんの人間性を疑う」

 次はフライデーから。NHK朝の連ドラ『花子とアン』でブレークした吉高由里子の恋が止まらないそうだ。今度のお相手は「関ジャニ∞」大倉忠義(31)。彼の自宅に通い愛しているところをパチリ。

「大使館や豪邸が建ち並ぶ都内屈指の高級住宅街。6月下旬の深夜0時すぎ、この一角にある高層マンションに一台のタクシーが滑り込んだ。後部座席に腰かけていたのは、黒いニット帽にメガネで変装した吉高由里子(27)だ」(フライデー)

 ここは大倉の自宅だそうだ。この日だけではなく、何度も目撃されている。

「たとえば、7月上旬の正午すぎには、大倉のマンション敷地内にタクシーの『迎車』を呼んで舞台稽古に出かける吉高の姿が見られた。その日以降も、本誌はほぼ同じ時刻に彼のマンションから仕事場に向かう彼女を目撃している。つまり、吉高は大倉の家に帰宅し、そこから『出勤』する生活を送っているのだ」(同)

 このところ、ジャニーズ事務所の大物たちのスキャンダルが次々スクープされている。偶然なのか、なんらかの意図を持って情報を流している人間がいるのだろうか? よくあるのは、事務所側が2人の交際をやめさせたくて情報を流すケースだ。そう勘ぐりたくもなるが。

 そういえば、事務所側とのゴタゴタで休業状態となっていた能年玲奈が、独立を機に名前を「のん」と変えて芸能活動再開すると文春、フライデーで発表した。いい名前かどうかわからないが、まだ若いんだから心機一転、頑張れよ。

 さて、ハンカチ王子と騒がれた日ハムの斎藤佑樹(28)のウワサをとんと聞かなくなったが、今週の文春が「汚れたハンカチ『ポルシェ800万円』『高級マンション』おねだり」と巻頭でやっている。

 斎藤はプロ入り5年で14勝。ライバル視された田中将大は、いまや大リーグヤンキースのエース格である。プロ入りして、これほど明暗が分かれた選手も珍しいのではないか。

 その斎藤だが、私生活では出版社社長にたかって高級車やタワーマンション暮らしだというのである。

 その出版社とは「週刊ベースボール」などを出しているベースボールマガジン社。ここは1946年に故池田恒雄氏が創業した。野球やプロレスなど多くの競技専門誌を出し、スポーツ誌王国を築いた老舗出版社である。

 現在、そこの社長を務めるのは息子の哲雄氏で、斎藤にポルシェを提供した人物だそうだ。

「去年の春先に、社長と斎藤はポルシェ銀座店を訪れました。シートの仕様や色をカスタムしたそうです。夏に納車されると、斎藤の父親が受け取りに来ていました」(ベーマガ社の社員)

 斎藤は、池田社長にこうねだったという。

「鎌ヶ谷の二軍練習場に通う車が欲しい。札幌には車があるけど、東京にはないから。池田さんなら、なんとかなるんじゃないですか」

 斎藤が欲しがったのはポルシェSUVタイプの最高級車カイエンだったが、価格は2,000万円を超えるものもあるので、マカンになったそうだ。ベーマガ社の関連会社でリースして、斎藤に又貸ししているという。

 1年目のオフには、池田社長が自宅として使っていた月島の高級タワーマンションに住まわせてもらっていたそうだ。

 池田社長は文春の取材に対しておおむね認めているが、斎藤は商品価値があるから、社員たちも納得しているという。

 だが、実はベーマガ社の経営は火の車だというのである。13年には経営悪化から30名超がリストラされ、今年1月には本社ビルを売却。貸しビルに移ったがそれでも経営は好転せず、今年1~5月期は1億円を超える赤字を出しているという。池田家の関係者はこう嘆いている。

「恥ずかしい限りですが、哲雄は本当のことをあまり言わないので、ポルシェのことは初耳ですが、斉藤君の人間性を疑いますよ。ベーマガは王(貞治)さんや長嶋(茂雄)さんにもお世話になりましたが、物をねだられたことはありません。初代の恒雄社長は『スポーツマン精神を忘れるな』とよくおっしゃっていました。社員をないがしろにして選手にそんなことをしてはいけません」

 ポルシェを受け取りに出向いた斎藤の父親・寿孝氏は、こう話す。

「別にお金がなくてたかりに行ったわけではなくて、安易な気持ちだったんだろうと思います。ただ子供たちから羨望の目で見られている職業ですから、色々な面で誤解を受けるようなことがあれば舛添さんになってしまいますから。すみませんでした」

 ハンカチ王子から球界の舛添か。今の斎藤の球速では、中継ぎでも押さえることは難しいだろう。高校野球の季節である。甲子園を沸かせたヒーローが、プロに入って鳴かず飛ばずになるケースはいくらでもある。大事なのは、そのつらい中で何を学び、次のステップにしていくかということであろう。斎藤には酷なようだが、そうした姿勢もうかがえないようだ。


1234567

日ハム・斎藤佑樹“ポルシェおねだり”の裏で、ベーマガ社の経営は火の車! 関係者「斎藤くんの人間性を疑う」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

今週はポストが合併号でお休み。よって、SEX記事採点は現代だけとなる。 都知事選の話から...
写真