日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 見るも暑苦しい「水中キス体位大会」

いったい誰得!? 中国で見るも暑苦しい「水中キス体位大会」が開催

kisskon0011回戦目の様子。カップルたちによる激しいキスが繰り広げられた

 日本ではあまり知られていないが、7月6日は「世界キスの日」だという。そんな日を記念して、7月は世界中でキスにまつわるイベントが多く開催されるという。もちろん、お隣の中国も例外ではない。

「中国新聞網」(7月16日付)によると、広東省英徳市内で一風変わったキス大会が開催された。同大会は、難度の高い体位でのキスをより長時間し続けたカップルが勝ちというものだ。優勝カップルには3,000元(約5万円)相当の豪華景品が与えられるとあって、30組以上のカップルがエントリーした。

kisskon002どんな気分でキスをしているのだろうか
kisskon003濁ったプールの中でも、激しいキスを繰り広げている

 まず1回戦は、自由な体位でのキスを競う。これに勝ち抜いて2回戦に進出すると、今度は水面に浮かびながらキス。そして最後の3回戦では、水中で呼吸のできない状況でのシンクロナイズド・キスを競うのだ。

 ちなみに優勝したのは、妊婦とその夫のカップル。身重の体に、負担ではなかったのだろうか……? 彼らは「こんな新鮮でロマンチックなイベント初めて参加しました。優勝景品なんかより、自分たちのキスに自信が持てるようになってすごく幸せです!」と、満足げに話したという。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

いったい誰得!? 中国で見るも暑苦しい「水中キス体位大会」が開催のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

日本ではあまり知られていないが、7月6日は「世界キスの日」だという。そんな日を記念して、...
写真