日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > おっぱいコンテスト準ミスは豊胸

ニセモノでもノープロブレム!? 中国「おっぱいコンテスト」で、豊胸手術女がまさかの準ミスに!

houkyou-1去年(左)と今年(右)の圓圓さん。確かに、胸の谷間が深くなっている

 中国では年間を通してさまざまな美人コンテストが行われているが、中でも夏になると各地で開催され、男性たちを喜ばせているのが「おっぱいモデルコンテスト」だ。

 優勝すれば水着や下着の広告モデルになれるチャンスがあり、モーターショーなどのセクシーモデルとしても引っ張りだこになることから、胸の形に自信のある女性たちが続々と参加してくるというわけだ。

houkyou-2整形前(左)と整形後(右)。整形しなくても十分かわいいが……
houkyou-3圓圓さんは身長168センチで、大学生時代からモデルをやっているが、自分の容姿にはあまり自信がなかったという

 そんな中、8月13日に湖北省で開かれたおっぱいモデルコンテストで、準ミスに選ばれた女性がニュースとなっている。今年23歳になる李圓圓さんは昨年、同大会に参加するも落選。今年、再チャレンジして、見事に準ミスに輝いたのだ。

 それだけなら、なんということもない話なのだが、この圓圓さん、昨年の落選から一念発起して、今回のコンテストの11日前に美容整形手術と豊胸手術を受けて臨んでいたのだ。美容整形はともかく、豊胸手術を受けたということは、ニセモノのおっぱい! それなのに、おっぱいモデルコンテストで準ミスって、アリなの?


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ニセモノでもノープロブレム!? 中国「おっぱいコンテスト」で、豊胸手術女がまさかの準ミスに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

中国では年間を通してさまざまな美人コンテストが行われているが、中でも夏になると各地で開催...
写真