日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 豊胸手術で“可動式おっぱい”に?

豊胸手術で“可動式おっぱい”に!? 偽乳が背中にお引っ越し

豊胸手術で可動式おっぱいに!? 偽乳が背中にお引っ越しの画像1脇の下から背中へ移動してしまった左のおっぱい

 中国広東省中山市の病院に、一人の中年女性が診察にやってきた。豊胸手術で大きくなったおっぱいが、今年に入ってから突然移動を始め、その痛みに耐えられなくなったのだという。地元の新聞「南方都市報」が伝えた。

 今年46歳になる張さんは10年前、自分のペッタンコな胸にコンプレックスを持っていた。それを克服しようと、1万5,000元(約25万円)をかけて美容外科で注射式豊胸術を受け、AカップからCカップへと変身を遂げたのだった。

 それから10年たった今年初め、突然おっぱいのあたりが腫れ始め、痛みを感じるようになってきた。近くの病院で鎮痛のための点滴を受けたものの効果はなく、公立病院で検査を受けたところ、胸部に入れられていた注入物が背中にまで移動していることが判明した。

豊胸手術で可動式おっぱいに!? 偽乳が背中にお引っ越しの画像2おっぱいは大きく腫れ、紫色に変色している部分もあったという
豊胸手術で可動式おっぱいに!? 偽乳が背中にお引っ越しの画像3手術前に、切開する部分のマーキングを受ける張さん

 そのままでは大出血や感染症発症の恐れがあったため、病院はすぐさま手術を行い、血液の塊と1,500ccもの膿を胸部から取り除いた。さらに、胸部の組織の一部はすでに壊死していたが、病院の迅速な処置により、張さんは無事に回復していった。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

豊胸手術で“可動式おっぱい”に!? 偽乳が背中にお引っ越しのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

中国広東省中山市の病院に、一人の中年女性が診察にやってきた。豊胸手術で大きくなったおっぱ...
写真