日刊サイゾー トップ > その他  > 影山ヒロノブが40年続けられた理由
【おたぽる】

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」

デビュー40周年!アニソン界のプリンス影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」の画像2

──LAZYはアイドルロックバンドという形だったと思いますが、今思い返すと、どういう時代だったのでしょうか。

影山 かまやつさんは、ロックやろうぜ、という気持ちで東京に呼んでくれたんです。けれども、実際にボクたちを動かすレコード会社やプロデューサーは和製「ベイ・シティー・ローラーズ(スコットランド出身の世界的アイドルロックバンド)」をつくりたいと考えていました。

 それは、ボクらが思い描いていた形とは違うスタイルでした、でも、大阪から出てきて、とにかく成功しなきゃ始まらないということは自分たちでもわかっていた。まずは、売れることを第一に考えようということで、アイドルっぽい曲を演奏していました。

──当初から、ロックをやりたいという思いが強かったと思うのですが、そこからアニソンを歌うことになった経緯は?

影山 LAZYは、4年間の活動の後に、1980年に解散しました。その後ソロになったのですが、鳴かず飛ばずで……。レコード会社やプロダクションをたらい回しになった時期がありました。

 そんな時期もあって、ようやく落ち着いた頃に、日本コロムビアの学芸部の方が『電撃戦隊チェンジマン』の主題歌で声をかけてくれたんです。

──なぜ、影山さんに声をかけたのでしょう?

影山 これは、自分の推測なんですが、それまでのアニソン歌手というのは、ロックシンガーじゃないんですよね。やっぱり、水木一郎さんとか、ささきいさおさんなど、もっと悠々と歌うスタイルのポピュラーシンガーがアニソンを歌っていました。

 でも、80年代も中盤になるとエンターテインメントシーンは変化していて、若い人の聴く音楽はロックばかりになっていた。そこでアニソンも、ぼちぼちロックだろうという思惑もあって、声をかけてくたんだろうと思います。

 当時は、日本のアニメや特撮とかの技術が進歩して、リアルで迫力のある作品が増えていく過渡期でした。そういう作品に合うのは、スピード感に優れたロックしかないと考えていたのではないでしょうか。


12345
こんな記事も読まれています

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真